双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

|音| の検索結果:

雪の一日

|日々| |音| 朝起きると外がしんとして居て、あ。雪だな、と思う。 午前中はちらついて居ただけのが、昼をまわる頃には本格的に降り出し、 やがて辺りが白くけぶると、すっかり静かな雪景色の様相となった。 お外っ子のお嬢も、今日は観念して寝箱の中でうずくまる。 底冷えのするよな寒さに、何か体の中からあたたまるものが食べたくて、 こないだ貰った泥付きのニンジンが沢山在ったなぁ、と昼にスープを拵えた。 主役のニンジンはサイコロ大の角切りにして、惜しげ無くどっさりと。 薄切りの玉葱とニ…

一月感傷

|音| Waterpistolアーティスト: Shack出版社/メーカー: Marina発売日: 2007/09/16メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見る 薄曇りの冬空に僅かの陽がのぞいて、また陰ってゆく。 意図せずぽっかり空いた遅い午後。 ミルクティーを熱々で淹れて、チョコレートひと欠片。 こんな日、こんな空模様、こんな時間。 そうしてこのアルバムを聴いて居た。 冬は未だ、長いよ。

窓を拭いたら

|日々| |音| 乾いた空気に、晴れ渡った冬の空。 ただひとつ足りぬのは、きんと冴えた冷たい風。 しかしながら、窓拭きには絶好の天気である。 水を張ったバケツと脚立、窓拭き用具一式を持ち出して、 えいっと腕捲り。一階を終えたら二階へ移り、 小一時間ほど掛かって拭き終えたら、額にうっすらと汗。 是でひと通り、師走の掃除の済んだ格好となった。 残す細々は、二三日中に順次済ませれば良いのだ。 さて。到来物の御菓子で一息、と珈琲を淹れれば、 傾ぎ始めた冬の陽が宵の色を仄かに滲ませなが…

独りと独り

|音| ビル・エヴァンスの音は冬の音、と思う。 外気がひんやりと冷えてきて、手にしたカップに触れる指先が 少しの間を置いてから、じんわりと温まってくるよな季節。 そんな冬の静かの中に、冴え冴えとして、けれどもやわらかで。 ストーヴの前で、独り。編み針を動かしながら、聴く。Intermodulationアーティスト: Bill Evans出版社/メーカー: Polygram Records発売日: 1990/10/25メディア: CD購入: 1人 クリック: 6回この商品を含む…

センチメンタル青春ノイローゼ

|音| |縷々| 先月末に知った”ジェリーTeenage Fanclub脱退”の報。日の経つ毎にじわじわとボディブローのよに効いてきて、当初は強烈な一撃のお陰で良い塩梅に思考回路が麻痺して居たのが、次第に冷静になるに連れ、ジェリー喪失と云う受け入れ難い現実が重く圧し掛かり、遠く途方に暮れるのであった…。 そしてそんな折、来春の引っ越しに向けて、この部屋の膨大な量の片付けに取り掛かり始めて居るのだけれども、毎日少しずつ過去のエントリを整理する中で、実に所々で、常に彼らと共にあっ…

映画館にて

|音| Chambers [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] Amazon特典限定マグネット付 (BRC455)アーティスト: Gonzales,ゴンザレス,チリー・ゴンザレス出版社/メーカー: Beat Records / Gentle Threat発売日: 2015/03/17メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見るこの人のつくる音楽には物語が見える。 音楽だのに何故だか映像的な魅力が在って、 一曲一曲が短編映画みたいだな、といつも思う。 だか…

チャーリー・ブラウンと懐中しるこ

|縷々| |音| 郵便受けの郵便物を取りに表へ出ると、北からの風が びゅうと音をたてて、乾いた落ち葉を巻き上げて居た。 思わずカーディガンの前立てをぎゅっと掻き合わせて、 灰色の空の下。すっかり色寂しくなった山を見やる。 品性だとか思いやりだとか、そう云うものに 著しく欠けた人は何処にでも必ず居て、しかしながら 実際に目の当たりにしたり、実際に接するとなると、 気が遠くなって、暫し茫然自失の空白に彷徨ってしまう。 何故、私が?と考えてはいけない。 たまたま厄日であったのだ、と…

冬を待ちながら

|音| 怒涛が去り、狂騒の秋が終わった。 日常が戻り、静けさが訪れて、 秋から冬へ。 もうじき季節が入れ替わる。 Giddeon Gayeアーティスト: High Llamas出版社/メーカー: V2 / Wasabi発売日: 1998/01/27メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見る久しぶりに手に取った。 間近に冬を待ちながら、聴こう。

秋になった

|日々| |音| 昨日、いつもの通り道の民家の前。 何とは無し、ふと視線を落とした足元へ、 薄い橙色の小さな粒が散らばって居た。 あ、そうだ。金木犀の木、在ったっけ。 手入れもされぬかわりに、育つばかりに大きく育ち、 いつもこのくらいの時期になると、ふんわり。 あの香りが風に流されて漂ってくるのだけれど、 確か、夏頃だったろか。家の人と思しき男性が、 慣れぬ手つきで高枝バサミを動かすのを見た。 さっぱりと刈り込まれた、と云うのじゃなしに、 ただ無節操に、ただ無思慮に、ばっつり…

A Charlie Brown Christmas

|音| 十二月も半ばを過ぎ、あっと云う間に年の瀬。 終いの頃になってバタバタと慌てぬよに、 年賀状を刷り、宛名を書き、お年始を準備し、 散髪の予約を入れ、古紙をまとめるなどして少しずつ、 年末年始の支度を整えながら聴くクリスマスの音楽は、 懐かしい子どもの気分と大人の気分の両方が入って居て、 愉しいけれど、何故だかちょっぴりしんみりして。 お仕着せの風景とも馬鹿みたいな喧騒とも無縁で、 しみじみと穏やかな、しあわせな心持ちにさせてくれる、 いつだって大好きな一枚。Charli…

ぽつんと

|音| One Day I'll Be on Timeアーティスト: Album Leaf出版社/メーカー: Tiger Style発売日: 2001/05/22メディア: CD購入: 1人 クリック: 48回この商品を含むブログ (36件) を見る夜の肌寒さに肩をすぼめて、ミルクティーを飲みながら、 心善き人たちにとってのこの場所が、 真っ暗な山道の途中に、ひとつだけ 小さな明かりを灯した避難小屋みたいに、 浮世の煩いや狂騒から、ぽつんと離れた、 そんな安息の場所であれば良…

十一月の憂い

|音| 暦が変わった途端、怒涛の紅葉見物が始まって、 道の途上のこの場所へも、通り掛った人々が 一気にどっと押し寄せる。早々に気疲れの予感。 静かな山景色は、静かにそっとしておいて欲しい。 とってつけたよな喧騒など、似合わない。 静かな音楽アーティスト: つのだたかし出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2000/10/21メディア: CD購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (11件) を見るだから、せめて、静かな音楽。

暦の残り

|雑記| |音| 何とは無し。 壁掛けの日めくり暦を改めて確認すると、 嗚呼、もうこんなに残り僅かなのだ。 先週にようやっと、カーテンと夜具を厚手の 秋冬仕様に替えてから、秋はぐんと深まり、 猫らも又、あったか芋ドーム*1に潜り込んで居る。 そろそろズボン下を穿かぬと、心許無い。 過ごして居る間は然程に感じずとも、 過ぎてしまった後で振り返ってみれば、 季節の巡りは、実にあっと云う間である。 気付けば晩秋もすぐ其処、となるのであろう。 A CHORUS OF STORYTEL…

汽車はじょんがらじょんがらと

|音| 是、やっぱり名曲だと想うのねぇ。人間椅子「りんごの泪」(「疾風怒濤~人間椅子ライブ!ライブ!!」より) 3ピースだのに、この重さ!この分厚さ! いやはや、まったく格好良くて痺れるねぇ...。 結成から二十五年余。 一貫して変わらぬ唯一無比のスタイルは、 風格と貫禄も加わって、もはや完成された様式美である*1。 無頼豊饒(初回限定盤)(DVD付)アーティスト: 人間椅子出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ発売日: 2014/06/25メディア: CDこの…

僕も私も 其の三

|音| 久々、無名の人々によるカバー合戦企画の三回目は、Jackson Browneのエヴァーグリーンな名曲『These Days』を課題曲に致しました。(第一弾→◆ 第二弾→◆) ところでブラウンさん。少し前の来日インタビュー記事の写真が衝撃で、顔の造作と印象は若い頃のままだのに、其処へ皺だけが矢鱈と増えちゃっててねぇ。ロバート・レッドフォードなんかも同じタイプかと想うのですが、何と云うか”おじいちゃん青年”って云うのかしらね。それって得なのか損なのか...。+++ さてと…

in the silent garden

|音| Molly Drakeアーティスト: Molly Drake出版社/メーカー: Squirrel Thing発売日: 2013/11/12メディア: CDこの商品を含むブログを見る 鉛色の空と、秋の冷たい雨の一日。 ネルの分厚いシャツとコーデュロイのズボン。 落花生をつまみながら、ミルクティを飲んだ。 細い雨へと溶け込んでゆく声と旋律は、 儚げで美しい、繊細なレース編みのよで、 ふと、静けさに包まれた屋敷の庭に咲く エルダーフラワーや矢車菊を想った。

Hà Nội Blues

|音| 今頃の季節になると聴きたくなる。 Kim Sinh - Khuc Tah Tinh Ha Tinh嗚呼、是はやっぱりブルースだ...。 +++随分と前にNHKで放送された、ゴンチチの『世界音楽遺産』と云う番組を観て、この人を知った。放送に気付くのが遅かったため、観ることができたのは途中からだったのだけれど、番組はゴンチチの二人がベトナムを訪れ、ベトナム音楽界の至宝である、盲目の音楽家キム・シンさんを訪ねると云う趣旨。キムさんは確か当時で御歳七十代後半であったか。ギター…

A Spoonful of Sorrow

|音| からりと晴れた午後。 窓から入る風は清々しくカーテンを揺らす。 土曜日のコバルトグリン。 ほんの一匙だけ憂いを残して、 重たい閉塞が遠のいてゆく。 [asin:B0008GK08I:detail]

Farther on

|音| 大型連休とやらに振り回される人々と それに付随する種々の狂騒に倦みながら、 些事に追われ、猫にかまけながら、 風薫る五月初旬の中に居る。 Late for the Skyアーティスト: Jackson Browne出版社/メーカー: Elektra / Wea発売日: 1990/10/25メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (15件) を見る 狂騒と狂騒の間の小休止も、今日でお終い。 明日からの数日のことは暫し置き、 安楽椅子に沈むよにして、目を閉…

Three men from Northern Britain

|音| 金曜の夜に催された三人のスコッツマンたちのステージは、実に実に愉しいひとときであった。 其々のバンドの曲を其々が代わる代わる歌う形で、時折鍵盤が入る他は基本的にアコースティックギターのみ、と云う素朴な構成だったのだけれど、三者三様の色が在ってちいとも冗長になること無く、まさに一粒で三度美味しい、あっと云う間の二時間だったな。ダグラスは愉快で仕合せな気持ちにさせてくれて(お馴染みの小道具健在)、ノーマンは心底しみじみとさせてくれて(何度も泣きそうになったヨ…)、ユージン…

夜、秋を待つ。

|音| El paso del tiempoアーティスト: Guillermo Rizzotto,Pablo Giménez出版社/メーカー: Rip Curl Recordings発売日: 2013/07/28メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見るSolo guitarraアーティスト: Guillermo Rizzotto出版社/メーカー: Rip Curl Recordings発売日: 2012/05/16メディア: CDこの商品を含むブログを見る 夜風…

由無し事

|電視| |音| ■何故だかここ数日、004のことを考えて居る。ちなみにその前は、チャン・チェンのことを考えて居た。 ■と、そんな矢先。2000年代にテレ東で放送されたシリーズが全話(!)アップロードされて居るのを見付けたヨ。 『サイボーグ009 第三シリーズ全話』→◆ Cyborg 009 Episode 8 Friend0013の回だねぇ。是もまた切ない話だよ...。 毎晩、あまちゃん観た後に数話続けて観て居るおかげで、すっかり寝不足である。70年代末の第二シリーズが馴染…

Green Melodies

|音| 初夏らしい爽やかな晴天の土曜日。 窓を開けたら、さあと緑の風が入ってきて、 何だか無性に聴きたくなった。 Homegrownアーティスト: Dodgy出版社/メーカー: A & M発売日: 1997/07/18メディア: CDこの商品を含むブログを見る Dodgyはこのアルバムがいっとう好き。 なんて素敵な音ばかりが詰まって居るんだろ。 ”Melodies Haunt You” 歌いながら洗濯物干した。

Nothing really matters to me...

|音| 嗚呼。やっと怒涛から解放された・・・。 Movie Scene - Wayne's World - Bohemian Rhapsody 人生には、しばしば『ボヘミアン・ラプソディ』の必要なときが在る。

cozy afternoon

|音| BUT BEAUTIFULアーティスト: JIMMY RANEY TRIO,Jimmy Raney,George Mraz,Lewis Nash出版社/メーカー: CRISS CROSS発売日: 2008/12/03メディア: CDこの商品を含むブログを見る ひと息入れる午後。 珈琲とドーナツの傍らに、 ジミー・レイニーのギターが在る仕合せ。

雪の日

|音| 朝、目が覚めると、部屋の中はしんと冷たくて、 カーテンの向こうは、寒々と薄暗いままだった。 やがて雪は吹雪となって、頼り無い窓枠を震わせ、 唸り声の中に、全ての音をのみこんでゆく。 グールドのバッハを小さく聴きながら、 室内に靴下を編んで過ごす、雪の一日。 静謐で心地良いリズムに、針の動きを合わせて。 バッハ:平均律クラヴィーア曲集アーティスト: グールド(グレン),バッハ出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル発売日: 2004/11/17…

僕も私も 其の二

|音| さてさて。無名の人々によるカバー合戦企画の第二弾は、ニック・ドレイクでありますヨ。(第一弾は→◆)本来ならホビの独断と偏見で勝者を決めたいところなのですが、今回は何れも甲乙付け難く、最優秀賞を選ぶのが難しいと判断したため、部門毎に勝者を決めずに、私が個人的に良いな、好きだなと感じた人たちだけを、ずらっと選出してみた次第です。(否、決して投げ出した訳では・・・・・) はい、それでは参りましょか。 +++ ■『One of these things first』部門One…

スイヨウビ

|音| 今日は、小糠雨が降って居た。 夜になって、寝巻き一枚だと肌寒い。 Sail Awayアーティスト: Randy Newman出版社/メーカー: Rhino発売日: 2002/07/01メディア: CD クリック: 6回この商品を含むブログ (12件) を見る決して上手い訳じゃないけれど、この人の声はあったかい。あったかいけれど、何処か哀しくて、哀しいけれど、ぶきっちょにやさしい。

ちくり

|音| |猫随想| 風呂の沸くのを待つ間、洗濯物を畳む。 鍵盤からこぼれた音。水面を波紋のよに広がってゆく。 やわらかな、揺らぎ。雨。少しの翳りと、静かと。Feltアーティスト: Nils Frahm出版社/メーカー: Erased Tapes Records発売日: 2011/10/11メディア: CD購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (3件) を見る 少し離れたところで猫が寝返りを打つ。 寝息と一緒に、ちり、と小さく鈴が鳴った。 視界の右の端。白黒写真…

Subtleties 

|音| 何故だか、たまらなく聴きたくなるときが在る。ブエノスアイレスアーティスト: サントラ出版社/メーカー: 日本コロムビア発売日: 1998/06/20メディア: CD クリック: 8回この商品を含むブログ (6件) を見る機微。陰影。寂寥。狂おしさ。孤独。出会い。別離。 ♫ Astor Piazzolla- Prologue ( Tango Apasionado) Astor Piazzolla - Finale (Tango apasionado) (ab8) |映画…

<