双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

|日々| の検索結果:

十月逍遥

|日々| |縷々| 午後。仕事が一段落してから、自転車(古森号)で郵便局へ。 郵便を出し、払い込みを済ませて表へ出たところで、ふと そのまま帰るだけなのが惜しくなって、も少し走りたいな、と思った。 微かに息苦しいよな、塞がった感じがずっと拭えずに居たのだ。郵便局を出て、表通りから細道、団地の中へ入る。 ひんやりした秋の風を体の前面で受け止めながら、ぐるり、 人っ気の疎らな団地の外周に沿って大きく走る。風がゴーと鳴る。 こんなひとっ走りには、小回りがきいてきびきび軽快な古森号が…

ぼんやりの向こう側

|日々| ふと気づくと、ぼんやりとして居る。意思は伴わず只、不可抗力のよに。 ここのところ肌寒い日ばかりが続いて、しかしながらもう十月も半ばなのだから、 当たり前と云えば当たり前なのか、と我に返りつつも、何処かが噛み合わぬまま 帳尻だけ合わせるよな居心地の悪さが拭えず、再びぼんやりとするのであった。今までの分を取り戻せとばかり、否応無く世の中が加速度的に前進する中、 やれ八度目の波など気に掛ける人は、今どれ程存在するのであろうか。 進め進めと背中を押される一方で、景気の冷え込…

始まりは何処から

|日々| |雑記| ついこないだ六月に入ったなぁ、と思って居たばかりのところへ もう月末となってしまった。ぐるり、相変わらずの八方塞がり。 しゃっきりともぱっともせず、この時節の不快ばかりを集めてきて、 瓶に蓋をしたよな、さっぱりうだつの上がらぬ日々である。 つい先月辺りの、客足の戻って来たかに見えたあの感じは、 はて、いったい何だったのやら。今月に入った途端、ぱたり。しっちゃかめっちゃかが少し落ち着いて、そこでふと改めて 世の中を見渡せば、以前にも増してしっちゃかめっちゃか…

断念

|日々| 天気予報は「曇り」と在るが、午前中から晴れ間が出て居るので、昼を済ませたらグワイヒア号で出掛けよう!と思い立つ。 実は、以前から走ってみたかった道が在った。山へ向かう県道で、峠を越えてそのまま走ればやがては隣県へと通じて居る。同じ山方面でも、その先に名所・観光地の類を有する他の国道県道と比べると、だいぶ交通量も少なく、主に林業関係や山間の集落へ住まう人たちの利用するよな、地味で静かな道である。さすがに隣県までは無理だけれども、里山の風景の中を何処まで行けるだろか。の…

急な春

|日々| 行きつ戻りつして居たと思いきや、いきなり春爛漫てな具合となって、 そうなった途端に、まるで映像の早回しの如く桜が咲き進み、 連れて何かに急き立てられるみたいに、人がわらわらと出て来て、 わらわらと出て来るからには、やはりそれ相当の輩も散見され、 週の終いには、すっかり毒っ気に中てられた格好なのであった。 休みの一日はずっと家に居り、自転車をいじって過ごしたい。季節の進みも人の動きも、程好くゆっくりなのが良い。 早過ぎるのはどうもいけない。調和の針が狂う。 近くの畑か…

進む春

|日々| |縷々| 今朝目が覚めて、大きく両腕を伸ばしてググーッとやったら、 件のリンパ節の腫れと痛みが、幾らかひいて楽になって居た。 そうか。一晩の間に決着が着いたのだな。 人の体の中で起きて居ることを、実際に見てみたいものと思う。 日中はお天道様が出てうららかだったのが、午後三時を過ぎたら すとんと様子が変わって、さめざめとした寒さが戻って来た。 暗くなる頃には、雨。こうやって、春が進んでゆくのだ。もう数日もすれば、新型某云々の措置が解除となる。 少しで構わぬから、重たい…

陽だまりの土曜日

|音| |日々| やわらかな春の日差しの中で、山の稜線が薄く霞んで居る。 久しぶりの穏やかにほどけた土曜日。グールドのイタリア協奏曲を。 喜ぶよに明るく弾む旋律が、こんな日には丁度良いんだ。隣家の庭先の木蓮。季節の訪れを知る目安となって居たのだけれど、 昨年の冬にばっさりと切られてしまった。寒々しい姿が寂しい。お外っ子のお嬢は、寝籠の縁にすっかり頭を預けて眠り、 陽だまりで温もった和毛が、春風にふわふわそよいで居た。 目薬を差した後、珈琲を淹れた。

日々は流れる

|縷々| |日々| 暦の変わった途端に春が来たものの、一旦は仕舞ったカーディガンを 再び引っ張り出して羽織って居る。概ねそんなものだろう、と受け入れる。 今回の新型某禍の措置云々は、幾度も幾度も引き延ばされながら続き、 さすがにこれだけだらだら引き延ばされると、もうこのままずっと 終わらずに続いてゆくのじゃないか、などとおかしな心持ちになってくる。 こんなにも人の心を鈍く麻痺させる。まったく、本末転倒じゃないか。うすぼんやりと濁ったよな、間延びしたよな日常が流れ、続いて居る。…

十一月、昼下がり、気晴らし

|日々| 午後。ぽっかり空いた暇時間に古森号の整備などする。 すり減ったブレーキシューの交換やら、チェーンとスプロケットの洗浄やら。 たっぷり二時間ほども費やして、ちまちませっせと黙々と。 特にチェーンは想像以上に汚れて居り、長らく放置した己の怠りを省みる。 つい注油にばかり意識が向いてしまいがちだったが、基本は掃除。 掃除が基本なのは、自転車に限らず、何事においても同様であるね。手入れにしてもそうだけれど、しみじみちゃんと乗り出すと云うと、 色々なところにあれこれと気が付い…

由無し事

|若旦那| |日々| ■月曜午前九時半、フォルゴーレ号出動。先週のすったもんだから凡そ一週間。経過を調べるため再びお医者を受診する。早朝、たまたま若旦那が厠で用を足すところへ出くわし、タイミング良く採尿ができたので、是を持参。 診察の結果、超音波検査では膀胱内に結晶様のものは見当たらず、特に異常無し。尿検査も異常無し。投薬も前回出した分を飲み切って終了とのこと。療法食については、こちらでは一貫して業界最大手のR社推しなので、一先ず処方されたR社のs/o (500g×2袋) を…

何処かへ行きたい

|雑記| |日々| 早くに目が覚めて、意識のはっきりしたまま布団の中に居て、 程無く、猫らの御飯を催促する声に促されて給餌。 再び布団に戻るも、何だか二度寝も勿体ないよな気がして、 がばっと起床。窓を開けたら、外はもやもやと湿った薄曇り。 猫らのお世話の後、掃除。折角だから風呂場と洗面所もやっつけよう。 夜具を夏物に取り換えると、一気にさっぱりとなった。 洗濯機を回して居る間に店へ下りて、珈琲淹れてトーストを焼く。箪笥の入れ替えを始めたら、是が思いの外に手間取って、 稽古を休…

お嬢さん逞しく

|庭仕事| |日々| 五月に入ってから、膨らんだ蕾が、ぽつりぽつり。静かに開花を始めた。 唐突に現れては唐突に去ってゆく、連日の無秩序な突風にひやひやとし、 しかしながら、こちらの心配を他所にお嬢さん方。逞しくやり過ごす。 薄く曇った空の下、穏やかな五月の風に揺れる姿を眺めつつ、 人の世の中が如何にあれ、自然の営みの変わらず続く様に畏敬を。 新緑に佇んで、深呼吸して、体全部をぐいっと伸ばす。 さてと。そろそろ蕗の炊き上がった頃合いかな。 色も形も香りも、皆其々。 美しくも逞し…

春の足踏み

|日々| 三月の異常気象の所為で、例年よか随分と早めにバラが芽吹き、 しかしながら、案の定。このところの気温の急降下である。 一部の株は、やわらかな新芽がチリチリにいじけてしまった。 剪定鋏持って、茶色く枯れてしまったのを切り落とし、 堪らず、ひとつふたつ。長い溜息などつく。 とは云え、大方はしっかりとした蕾をたくわえながら、 瑞々しい緑を明るく茂らせて居る。バラは強いのだ。 そんな折、或る日の水遣りの際にふと気付いたら、 壁に仕立てたつるバラに三つ在ったカマキリの卵から、 …

独楽鼠のお裁縫

|日々| ここ一週間程は、さながらマシーンの如く縫い物に没頭して居た。 「嗚呼もう!型紙とか待ち針とか面倒くさい!」など独り言ちつつ、 久々に買い求めた布地がかあいらしくて、何だか愉しくて、 布地を鋏でシャーっとやって、日がなミシンをダダダとかけ続け、 はたと我に返れば、あらまあ。実にどっさり小物が出来上った。そもそもが、新型某禍の緊急事態措置の云々で、 要請の出た翌日から、ものの見事な開店休業状態となり、 掃除も雑務も余地を尽き、其処から更に延長が決まったことで、 すっかり…

冬の光

|日々| 身辺がいよいよ物々しくなって参って、しかしながら、 平素より気を配って日々を過ごして居る者にとっては、 今更に慌てふためいて騒いで居る様が、実に奇妙に映る。 まあいいさ。自分は自分、他所は他所。 おかしな突風に巻かれて、自らの方向を見失わぬよに、 しかと立って、平らな心持ちでさえ居れば良いのだ。不要不急の外出がいかんとなれば、我々喫茶店なんてものは、 まさに不要不急の最たるもので、真っ先に暇となる訳だけれども、 暇となったらなったで、やることはそれなりに在るから、 …

十月雑感

|日々| 先週に突如暴走した謎の蕁麻疹らしきは、一先ず薬で治まった。 「原因不明」と云うことは、即ち原因が明らかでないので、 あれこれ考えたところで切りが無いから、深追いは止すけれども、 昨日、瓶の牛乳を一本キュッとやったらば、程無くして腹がシクシク。 嗚呼。こりゃもう、間違いなく消化器系が弱って居るのだわなぁ、と。 胃腸が弱って居るってことは、免疫力も弱って居るってことで、 季節柄に加えて、長く続く新型某によるストレスも在ろうし、 アルコール消毒液の使用も大いに関わりが在ろ…

はじめての朝練

|日々| |雑記| 朝五時前に目が覚めてしまい、水を飲みに布団から出たのだけれど、窓の外の空気が未だひんやりと爽やかだったので、再び布団へ戻るのが勿体なく思えて、いっそフォルゴーレ号で朝練に出掛けることとした。わーい!初・朝練(笑)。以前から考えて居た「県道を通って隣町の市街地まで行って帰って来る」の訓練実行である。走行距離やバッテリーの消費量なども、今後の参考に記録しておこうかな。 朝五時十分に拙宅を出発。すぐに件の県道へ出る。何せ早朝なので、農作業へ出る軽トラを二台見掛け…

七月のお嬢さんと坦々粛々と紫素麺

|日々| バラゾウムシの被害で春の咲き時を逃したジョアシン・アネが、 あれからしっかりと育って、遅ればせながら梅雨の中に咲いて居る。 親指姫のよな華奢な見目にそぐわず、なかなか頼もしいお嬢さんである。 他にも幾つかのバラたちが、ぽつりぽつりと。 小ぶりな返り花を、控え目に咲かせて居るのも嬉しい。 新聞やニュースでは連日のよに、新型某の再びの勢いを伝え、 何しろ全面的に解除したのだから、こうなるのは知れて居た訳だが、 それにしてもあまりに予想通りだもので、やれ。気が遠くなる。 …

人の命は儚くて 渡る世間もはかいかぬ

|日々| さてと。ようやっとの店開けを数日後に控え、 一昨日から、せっせせっせと準備ヘ取り掛かって居る。 本日は店内の拭き掃除。右手に乾拭き用、左手に水拭き用。 二枚の雑巾を握りしめ、床だ棚だと片っ端から拭きまくる。 幸い天気は、からりと気持ちの良い晴天。拭き掃除日和だ。 もんぺにラモーンズTシャツ、頭には手拭いほっかむりで、 ダダーっと床の雑巾がけ。いやはや、これは足腰の鍛えになるな。 体の動かし様によっては結構な運動で、掃除ひとつも馬鹿にはできぬ。 開け放った窓から風が入…

五月の風

|日々| |庭仕事| 庭の様子を見に外へ出て、ジョウロでたっぷりと水やり。 しなやかなステムを伸ばして、キャリエールの奥方が咲いて居た。 手の届くところを、ハサミで一輪。 マダム・アルフレッド・キャリエール(Mme. Alfred Carrière) この薄紙細工のよな美しさは、写真だと伝わらないのが残念。 明るい光の中で淡く透けながら、五月の風にふんわりゆれる姿は特に。開花一番乗りは一昨日のサフラノさんだったのだが、撮り損ねてしまった。 他のお嬢さん方の開花も、じきに次々と…

善は急げ

|日々| 午前中のうちに郵便局へ行き、簡易書留を出す。 即ち、県の協力金云々の申請を済ませてきた訳で、 兎に角、こう云うものは早いに越したことは無いのだ。 県HPに上がる筈の詳細が「出る出る」と云いながら、予定を過ぎても なかなか出ずに、こちらはキリキリと気を揉んで居たのだが、 昨日になってようやっと詳細が上がったので、直ちに申請書等をダウンロード、 そして必要事項を記入。その他、一緒に提出する必要のある書類等は、 他所の自治体のを参考に、大体こんなものだろう、と予め準備して…

こんなの

|音| |日々| 休業に入ってからほぼ一週間が過ぎた。意外と早い。 あと十日も在るので、今日は換気扇。明日は窓。明後日は本棚… と云った風に箇所を絞って、疲れぬよにちまちま進めて居る。午前中は自宅の掃除。 今日は朝から良い天気。風は強いけれど、陽射しがあったかい。 がらっと窓開けて、掃除機かけて、洗濯機回して。 未だ残って居る抽斗の整理は、こんなの聴きながら。 さくさくっと進んで、The Donnas「Rock'n'Roll Machine」で一気に加速! 午後は店の掃除。今…

遥々気の遠のく

|日々| これだけ国中が戦々恐々する中へ在って、 どうだ。この辺りの人々の、この緊張感の希薄さは。 マスクも着けずに付近をフラフラするオヤジ。 子連れで買い物帰りの母親らは、超近距離井戸端でガハハ。 更には、県内他市から来たと思しき、暢気過ぎる一見客が、 休業の貼り紙を見て、大層不満気に車を引き返してゆく。はぁ~、やれやれ。 長い溜息の後、遥々と気が遠くなるばかり。 お上がどうのこうのと云うが、結局は個人の問題であって、 やる、やらぬを、人の所為にしてはいけない。 自分がやる…

あれやこれや

|日々| 新型某のあれやこれやで、週明けから休業中なのである。 いつもよか少しゆっくりめに起床し、 いつもよか念入りに猫らのお世話をする。 洗濯機を回し、掃除機をかけて、猫砂をつぎ足し、 店へ降りて珈琲淹れて、トースト焼いて、ニュースを見る。 午後にストレッチと太極拳などして、体をほぐす。 是に風呂、トイレ、洗面所の水回りの掃除が加わり、 一日目は思いの外、するすると過ぎて行った。 二日目は箪笥を広げて、冬物の整理とTシャツの整理。 三日目は外へ出て、鉢植えと花壇の草花のお世…

四月の光

|日々| 盛りを過ぎた桜の花が、春の薄い光の中へ霞んだよに白んで居る。 小学校の校庭には、学童クラブの子どもたちがボール遊び。人が人らしく生きられることの大切さ。 今まで当たり前だったことが、突然、そうではなくなったとき、 当たり前が、実はちいとも当たり前なんかじゃなくて、 幾千幾万の。名も無き何処かの誰かの働きや努力、 犠牲が重なり集まって、それでようやっと成り立つものなのだ、と。 そんな風に気付ける人が、願わくば多く在って欲しい。 野菜とぜんまいのナムル、鶏肉ときのこの黒…

菜の花とグラタン

|日々| 一つの景色の中に、菜の花の明るい黄色と、緋桜の艶やかな紅色。 ちょっと鮮やかが過ぎて、日が高い内は目に眩しいくらいだ。 木蓮は幾らかほころぶ手前に止まり、青空の下できゅっと結ぶ。 さてと。今日の昼は何を食べようか。 冷蔵庫だの、乾物の入ったカゴだのをひとしきり、見る。 明日で期限の切れる牛乳。 すっかり忘れられて居たマカロニ。 使い半端の缶入りミートソース。 固くなってしまったピザ用チーズ。 その他、半端になったキノコ類に、熟れ過ぎたトマト。 お裾分けの間引きブロッ…

すぐそこの春

|日々| 「忍耐は仕事を支えるところの一種の資本である」と、バルザックは云った。 ここ暫くは、仕事の外へ忍耐を求められて居たけれど、 是が己を支える資本であるのならば、 成る程。いつか、何かの助けとなろう。 少しだけ気持ちが軽くなり、久しぶりで稽古へ行った。 もうずっと、深く呼吸することをせずに居た。 たっぷりと息を吸い込み、ゆっくりと吐き出す。 繰り返して集中する内に頭の中が空っぽになる。 お腹の底の辺りからじわじわと、やがて指先へと流れてきて、 体の中を心地良く、気がめぐ…

急がぬ旅

|日々| |手仕事| 怒涛と怒涛のあいだの、少しの隙間を寄せ集めてセーターを編んで居る。 調子の波に乗っかって、随分と気分良く進んで居たのだけれど、 後ろ見頃を袖付け位置まで編んだところで、ゲージが大き過ぎることに気付く。 上からほろほろと解いて、編針の号数を一つ下げて、再度編み始め。時間と労力と、また一からの積みなおしであるが、 しかしながら別段、せっかちに急ぐ旅で無し。 年内に仕上がったら良いかな、くらいの心持ちで。 釣瓶落としの日暮れと共に、空気が冷えてきて耳がちりりと…

秋の散歩道

|日々| |太極拳| 三週間前に通り掛かったときには、八重咲きの芙蓉が きれいな黄緑色の和菓子みたいな丸い蕾をつけ、 ふんわりした桃色の花を風に揺らして居たのが、 いつの間にか終わって、今は金木犀の橙色と入れ替わって居た。 農家の庭先には背の伸び過ぎた、剣弁高芯咲きのバラ。 畑のぐるりを青いサルビアや小菊、孔雀草らが彩って、 冴え冴えとした秋の空気に、歩を緩め深呼吸などしたりする。 ここ暫くは、股関節から腰回りの調子が芳しからず、 しばしば稽古を休みがちだったのだけれど、久々…

秋支度

|日々| オールドローズのお嬢さんたちが、次々と秋の返り咲きを見せて居る。*1 こんな風に皆が秋のバラを見せてくれるのは、今年が初めてのことで、 春に比べると花は小ぶりで、秋のバラは色濃く味わい深いのが良い。 咲き方にしても一斉に咲くのでは無く、ゆっくりしみじみと咲いて、 花全体を掌で包むよにしてあたためると、上品な香りが上がってくる。 ”ヴィックス・カプリス”と”マダム・アルフレッド・キャリエール”。 特にキャリエールがこの時期に咲いたのは、恐らく今までに無かった筈。 用土…

<