双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

|庭仕事| の検索結果:

園芸覚え書

|庭仕事| 以下作業日誌など。 【十月二十八日】 ■米糠で色々 先日知人宅より玄米を一袋頂戴したので、精米屋さんで精米して貰い、そこで出た米糠を糠漬け用に少し持ち帰って来た。丁度、Aちゃんが読んで居る無農薬バラ栽培の本に、米糠を資材として使う方法が幾つか書かれて居たので、面白そうだね、と早速試してみることに。 初期のうどん粉病には、米糠を指に取って葉の表面へスリスリ。是はAちゃんの『デュセス・ド・ブラバン』の若葉で試したところ、即座に効果が出てびっくりである。又、米糠は土に住…

鉢の上にも三年と小さなお嬢さん

|庭仕事| ■台風の後もバラたちは元気。葉の傷や小さな枝折れなど多少の痛みは在れど、みるみる回復して居る。秋の葉の、落ち着いた佇まいの中にも、実に瑞々しいこと。 今年は用土づくりを工夫したり、肥料をぼかし肥料に変えてみたり、バーク堆肥のマルチングにニームケーキを混ぜてみたり、と資材の一寸した手加えやお世話の見直しなどを行った甲斐在ってか、病害虫の被害も少なかったし、あの猛暑を乗り切って秋を迎え、兎に角、お嬢さん方の樹勢が健やかで美しいのだ。特に葉の色ツヤや質感が素晴らしく、少…

園芸覚え書と坊ちゃん刈り

|庭仕事| |雑記| 以下、作業日誌など。 【九月某日】 ■壁面のワイヤー張り直し作業完了 つるバラの誘引のためのワイヤー張りは、仕事の合間に少しずつ進めて居たので三日がかり。先ずは以前からのワイヤーを全て外した後、壁面の要所へ新たにビスを打ち、等間隔で横へ平行に5本。縦にも数本。ビスの他に雨樋やトレリスなどもフル活用して、なるたけ様子良く、そしてしっかりとワイヤーを張り直した。後はお嬢さん方が枝を伸ばして育ってくれるのを見守るばかり。 【九月某日】 ■古い木製トレリス再利用…

新入りお嬢さんたち

|庭仕事| 以下、新入りさんと作業日誌など。 【九月十三日】トレジャートローブのお嬢さん、到着。 「6号鉢入りの新苗」とのことであったが、いざ届いてみたらば、あらまぁ!中長尺苗と云って差し支えないくらいの、実に立派な苗だ!枝も葉も何と瑞々しいこと。赤味がかった新芽がきれいで、暫し四方から眺め回して過ごす(笑)。 一足先にやってきたお二方。 【左】ジョアシン・アネの新芽。明るいライムグリーン色が爽やか。でも枝は細くてイガイガの棘だらけなので、取り扱い注意(笑)。 【右】ソンブロ…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下作業日誌、及び今後の思案など。 【九月十日】 ■オールドローズ新苗到着 『ソンブロイユ』(6号鉢) 『ジョアシン・アネ』(6号鉢) この夏の酷暑を乗り切った疲れからか。ジョアシン・アネ嬢の葉が若干痛んで居た他は、特に気になる部分も見当たらず。いずれのお嬢さんも、ほぼ中苗と云って差し支えない大きさまですくすくと育って居り、従って近々一回り大きな八号鉢へお召し替え予定。一先ず、もう暫くはこのままで落ち着いて貰って、徐々に新たな環境へ慣れて頂こう。 ■オールドローズ…

お嬢さん去り、お嬢さん来る

|庭仕事| 去る七月下旬のこと。地植えで大きく育ったオールドローズの「マダム・ピエール・オジェ」のお嬢さんが、若くして天に召された。突然の災難であった。 或る日、伸びすぎた枝を少しすっきりさせようと、鋏を片手に麦藁帽かむって花壇へ向かうと、枝葉の全体が黄色く色褪せて水気を失って居ることに気付き、しまった、この猛暑で水切れか? 一先ず液肥を施して様子を見て居たのだけれども、翌日翌々日と、見る見る皴っぽく枯れ込む一方で、嫌な胸騒ぎに茂った下草をかき分けて株元を調べてみれば、あわわ…

Rose di Maggio

|庭仕事| 五月。バラたちの季節。 殆どがオールドローズの一季咲きなので、全員集合は今の時期だけの愉しみ。 【L】マダム・アルフレッド・キャリエール (Mme. Alfred Carrière) 【R】サフラノ(safrano) 【L】ラ・レーヌ・ビクトリア (La Reine Victoria) 【R】マダム・ピエール・オジェ (Mme. Pierre Oger) 【L】カーディナル・ドゥ・リシュリュー (Cardinal de Richelieu) 【R】ロサ・ケンティフ…

園芸日誌

|庭仕事| 以下、作業日誌など。 ■三月某日 『ラ・レーヌ・ビクトリア』(地植え)を弔う 他のお嬢さん方が次々と芽吹く中、何やら干からびたよに茶色く、一向に芽吹く様子も無いので、根本付近の枝を数カ所試しに切って断面を見てみると、嗚呼…。案の定、立ち枯れて居るなぁ、こりゃ…。がくんと意気消沈。 長い枝は3m程までになって壁面を覆うまでに成長してくれたのだが、一体どうしたのかしら。原因は害虫でも病気でも無さそうなので、恐らくはいつだかの、数回に渡るモグラの仕業と考えるのが妥当かな…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌。 是にて、バラのお嬢さん方の冬仕事は、全て終了と相成り。 ■蔓バラの誘引作業 『Mme.ピエール オジェ』(地植え) 『ラ・レーヌ・ビクトリア』(地植え) 『Mme.アルフレッド・キャリエール』(10号鉢) 誘引の前に準備。先ずは枝を固定して居る麻紐を切って、ワイヤーから全ての枝を外す。続いて壁面へ張ったワイヤーの緩んで居る箇所を、再度ぴんと張り直し、ワイヤーの在った方が良さそな箇所には張り足す。ここで壁面と窓ガラスの汚れもついでに掃除。 そうして…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌。 【二月二日】 ■鉢植えバラの土替え 『Mme.ピエール オジェ』(8号鉢) 『ヴィックス・カプリス』(8号鉢) 『サフラノ』(8号鉢) 『Mme.アルフレッド・キャリエール』(10号鉢) 剪定を済ませた鉢植えの土替え。根を崩して一回り小さくしてから鉢へ戻し、予め混合しておいた自家製用土*1で植え付け。ひと月程前に拵えて空き袋に入れておいたのだが、いざ使おうと開けてみると、白い蜘蛛の巣状の…カビ?ああ、そうか。どうやら今回初めて加えたカニ殻のお蔭で…

気抜けと帳尻と園芸覚え書

…帳尻の合った格好。 |庭仕事| 以下、作業日誌。 ■バラの剪定、及び葉落とし作業 『Mme.ピエール オジェ』(地植え) 『ラ・レーヌ・ビクトリア』(地植え) 『リトル・ルチア』(地植え) 『Mme.アルフレッド・キャリエール』(10号鉢) 外気温は低くとも、風が無いのが有難い剪定日和。午後の空き時間に、脚立担いでえっちらおっちら。 壁面での全体バランスを考えつつも、小枝の混んだ部分やら傷ついた大枝は、躊躇なくバッサリと。昨年伸びたシュートも必要な分だけ残して、すっきり且つ塩…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌。 ■バラの剪定作業 『Mme.ピエール オジェ』(8号鉢) 『ヴィックス・カプリス』(8号鉢) 『サフラノ』(8号鉢) 細枝や密な枝を整理しながら全体を半分程に剪定。葉も全て取り除く。 今月中に鉢植え、地植え共に全ての冬作業を終わらせたいのだけれど、何せ連日のよに風が強くて作業が遅々と進まない。寒いのは当たり前なので、せめて風さえ止んでくれればなぁ。寒風の中、何とか一先ず8号鉢の剪定と葉落としだけは済ませたので、こちらは近日中に土替えも済ませたいも…

Il Nome della Rosa

|庭仕事| |写眞館| 鉢植えさんも地植えさんも、皆さん咲いて居ります。 【左】マリー・ドゥ・サンジャン (Marie de Saint Jean) 【右】カーディナル・ドゥ・リシュリュー (Cardinal de Richelieu) 【左】ラ・レーヌ・ビクトリア (La Reine Victoria) 【右】マダム・ピエール・オジェ (Mme. Pierre Oger) 【左】マダム・アルフレッド・キャリエール (Mme. Alfred Carrière) 【右】ヴックス…

ころりん、咲いた

|庭仕事| 雨降りの翌日。 美人姉妹と奥方が咲いて居た。 ころりん、とした姿がかあいらしいのは、 剣菱嬢も一緒かな、などと思う。 実は結構、うどんこ病にかかって居るのだが、 大雑把な性格なので、あまり気にしない(笑)。

続・バラが咲いた

|庭仕事| 開花日誌。 続々と咲き始めた。 マダム・ピエール・オジェ (Mme. Pierre Oger):五月十八日開花。 先に咲いた姉君の”ラ・レーヌ・ビクトリア”と比べると、こちら妹は花色も薄淡く、枝ぶりも控えめ。何処かふんわりと儚い雰囲気である。 光のやわらかな窓辺に香る、美人姉妹と奥方様。 何処と無く生成りのレースをまとったよな佇まいに、ふと、 映画『ピクニック at ハンギングロック』の少女たちを思い出した。 幾度もうっとりと見とれてしまう。

バラが咲いた

|庭仕事| 開花日誌。 意外や、いちばん乗りはキャリエールの奥方だった。 【左】マダム・アルフレッド・キャリエール (Mme. Alfred Carrière):五月十六日開花。 薄紙細工のよな、この清楚な花姿の美しさよ!薄いクリームにアプリコットとピンクの入った、淡くて繊細な色味も素敵。是がうっすらと光に透けると、また格別に美しいもので、暫し見入ってしまう。 【右】ラ・レーヌ・ビクトリア (La Reine Victoria):五月十七日開花。 コロコロっと真ん丸い姿が、可…

園芸覚え書

|庭仕事| ■古株のつるバラ『リトル・ルチア』の剪定と誘引を終え、是で全てのバラの剪定、及び誘引作業が無事終了。何とか首尾良くいったかしら。昨秋に購入した新苗らは、園芸店で夏剪定を済ませた苗であったので、拙宅へ来て僅か数ヶ月の間にそれ程大きくなった訳で無し。故に、剪定も誘引も楽であったのだが、春以降はぐんぐん育つであろうから、それに伴って作業量もぐんぐん増えよう。 ■昨秋の庭仕事再開にあたり、実は『リトル・ルチア』へ荒療治を施して居たのであった。元々が丈夫な株だったとは云え、…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌など。 【一月十日】 ■バラの剪定作業 『Mme.ピエール オジェ』(8号鉢) 『ヴィックス・カプリス』(8号鉢) 『サフラノ』(8号鉢) 『Mme.アルフレッド・キャリエール』(10号鉢) *鉢植えは全体の様子を見ながら、バッサリ1/2程度に剪定したが、壁面に這わせる予定の『Mme.アルフレッド・キャリエール』だけは、蔓バラの要領で軽めの剪定に。落葉せずに残って居た葉は、全て取り除いた。 『Mme.ピエール オジェ』(地植え) 『ラ・レーヌ・ビクト…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌など。 ■キトサン溶液とニームオイル希釈液 キトサン+ニーム希釈液の葉面散布、及びニーム希釈液の灌水 *ハダニ被害の在る『Mmn.P オジェ』は特に念入りに希釈液を散布。多少の病害虫被害は在れど、概ねどのバラも元気な新芽を出しながら順調に育って来て居る模様。枝葉の込み合った株は、様子を見ながら少しだけ剪定し、風通し良く整理。 ■オールドローズ『サフラノ』の鉢替え 到着した大苗を、六号→八号相当の角鉢へ鉢替え。 *その後、キトサン+ニーム希釈液をたっぷ…

杏色のしみじみ

|庭仕事| 再開以来、せっせと進めて居る庭計画に伴い、既に幾つかオールドローズを購入した訳だけれども、その殆どが一季咲き*1なのである。こないだやって来た”Mme.A キャリエール”と、以前から在る古株の”リトルルチア”は四季咲きだが、前者は奥まった場所の黒焦げ荘専属だし、後者は残念なことに香りが殆ど無い(笑)。ううむ。やっぱり一つくらいは、香りの良い四季咲きが欲しいよなぁ...。 と、そこへ渡りに船!実に好タイミングで野暮用の臨時収入三千円を得たもので、件のゼラニウム”ミセ…

園芸覚え書

|庭仕事| ■バラ苗にキトサン溶液(+ニームオイル)を使い始めてから、三週間と少々*1。葉面散布を四回と、灌水を二回行ってきたのだが、ここへ来て俄然、若い葉が目に見えてわさわさと育ち出し、もりもりと元気になって来たのである。ハダニによる被害や葉焼けで、幾らかダメージを受けた古い葉と比べると、その差は一目瞭然。新芽もにょきにょきと顔を出し始めた。是は確かに効いて居る。すごいぞ、キトサン! ■コガネムシやヨトウムシ対策として、花壇の土へニームケーキ*2を梳き込んだのだけれども、そ…

健やか園芸倶楽部

|庭仕事| ■先日購入した清水園芸店の『キトサン溶液』は、バラの無農薬栽培を実践する人たちの間では有名な園芸資材である。カニガラのキトサンと酢酸からなる成分が、土中の善玉菌(放線菌)や微生物を増やし、又、株に散布することで植物自身が強く育ち、病虫害に負けない力を持つよになる優れもの*1。殺菌作用や病気の抑制作用も在り、灌水と葉面散布とを定期的に行なうことで、徐々にではあっても、しかしながら確実に効果が出て来るとのことで、園芸雑誌の無農薬バラ栽培関連記事でもその名がしばしば登場…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌など。 【十月五日】 ■購入資材 清水園芸店『キトサン溶液』 1L 灌水:150倍希釈を月に二回 葉面散布:300倍希釈を週一回 トヨチュー『ウルトラニーム』 500ml 葉面散布:500倍希釈を週一回(害虫の多い時期は三日に一回程度) ダイコー『ニームケーキ』 2kg ノズル付きスプレーボトル バラ角鉢(10号相当) *葉面散布には、主に”キトサン溶液”と”ウルトラニーム”の混合希釈液を使用。スプレーでバラ苗の葉の表裏、幹や枝に満遍なく散布する。 …

園芸計画着々

|庭仕事| ■秋の長雨続きに悶々とつつも、少しの晴れ間を工面しての庭仕事。荒れ放題だった花壇に日々手を入れ、ようやっと以下の植栽に落ち着いた。様子を見ながらの変更は多少在るだろうし、現在は未だスカスカで株も小さいが、順調に冬を越して来年の春ともなれば、わさわさと緑が茂って賑やかとなって来るであろう。愉しみだ。 (拡大図はこちら→◆) ミント=チョコレートミント、アリウム=アリウム・ネアポリタヌム、HTバラ=品種不明現代バラ m.pオジェ=マダム・ピール・オジェ、ラレーヌv=ラ…

性悪の長雨とホビチュウ完成

|庭仕事| 暦は九月中旬なれど、まるで梅雨にでも戻ったよな 連日の雨続きである。否、今年は梅雨時期にだって 是程まで降らなかった筈だ。何しろここ一週間程、 お天道様らしいお天道様を見ていないもので、 地植えにしたオールドローズのお嬢さん方が 目下の心配の種である。一先ず、雨が止んだ後に 黒星病・うどん粉病予防の自然農薬を、葉面散布 するなどして様子を見て居るが、再び雨が戻れば 流されてしまうため、又同じ作業の繰り返し。 そろそろ、一日くらい晴れても良さそなものだが、 しかしま…

園芸覚え書

|庭仕事| 以下、作業日誌など。 【九月九日】 ■地植えのバラのための準備 定植位置(二箇所)を掘り返して用土を作っておく。内一箇所については囲いが無いため、ブロックで囲いを作る。 土作り:腐葉土、バーク堆肥、EM牛糞堆肥、京成バラ園”バラの培養土” *是らをしっかりと梳き込んで耕し、100倍希釈した木酢液をジョウロで散布。 *”バラの培養土”は半分を使用。(残りは植え付け時に混ぜ込む) 【九月十五日】 ■『ラ・レーヌ・ビクトリア』と『マダム・ピエール・オジェ』*1の地植え作…

暢気者の自然農薬

|庭仕事| 鉢植えは元より、庭の草木においても、殆ど化学薬品を使ったことが無い。化成肥料の類ですら滅多に施さない。そうとなれば当然虫にも食われるし、たまに何らかの理由でいつの間にか、ひっそりと消えてしまうものも在るが、それも自然の摂理のひとつ。云い換えれば、逞しく生き残って毎年元気に育つものが、ここの土と条件に適応したもの、と云うことなのであろう。極めて自然である。 唯一病害虫対策らしい対策と云えば、水遣りの際に木酢液を混ぜたり、是を希釈したスプレーを枝葉に散布したり、とそん…

園芸覚え書

|庭仕事| ここのところ暇なので、庭仕事が色々と捗る。 以下、作業日誌。 【九月六日】 ■自然農薬づくり 『ストチュウ』のための焼酎液の仕込み。 唐辛子10本、大蒜4片を刻み、ホワイトリカー500mlに一ヶ月程漬け込んだ後、是を濾して同量の米酢を加える。(更に同量の木酢液を加えても良い。)使用の際は必要に応じ、原液を水で100〜400倍に希釈。 『スギナ液』 スギナ100g、水1Lを弱火にかけて10分程煮出した後、是を濾して冷まし、黒酢(米酢)20mlを加える。希釈せず原液の…

バラも再開

|庭仕事| 庭弄り再開で日々せっせと汗を流し、日々様々に思案を巡らせるうち、やはりと云うのか当然と云うのか。次第にバラの不在が心寂しく想えてきた。数年前に突然枯れてしまった蔓バラ『ピエール・ド・ロンサール』は、毎年新緑の頃となると、薄桃色のそれはそれは見事な花を咲かせ、普段は地味な庭の風景に華やぎを添えてくれたものだった。強健で手の掛からぬ実に優れた品種で*1、十数年かけて大きく育ったが、恐らくは、その冬の外壁塗装作業の諸々でダメージを受けたのと、続く夏の異常気象の災いしたこ…

私の園芸書

|本| |庭仕事| 何れの本も、今から二十年近く前のものなのだが、現在に至るまで、幾度と無く手に取ってきたものである。ズボラ園芸を返上し、庭弄りを本格再開するにあたって、再び助けを借り、お世話になって居る。 RHS Encyclopedia of Plants & Flowers作者: Christopher Brickell出版社/メーカー: Dorling Kindersley発売日: 2008/03/03メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る私が…

<