双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

|モノ| の検索結果:

古着万歳

|モノ| *1同業者K氏より、前回(◆)に続いてまたまた古着を頂戴した。私がバイクに乗り出したのを知ったK氏が「寒くなったら、こんなの良いんじゃない?」と今回物置から見繕って持って来てくれたのは、おお!綿入りのワークジャケットなのであった。わーい! ブッカブカのオーバーサイズだけれども、防寒着だから身幅や着丈の余裕は大いに結構だし、袖の長い分はひとつ大きめに折り返せば、まぁどうにかなる。それに何よりも、綿入りと云うのが素晴らしい。いやぁ、是。見るからにあったかそうだなぁ。 同…

ヘルメット新調

|モノ| 身辺何やかやと気忙しく、己のことがままならぬ時期が続いて居たのだが、何となく一段落したところで、予てより考えて居たジェットヘルメットを新調。 購入したのはシンプルなヴィンテージタイプで、帽体は小さめ。上品な光沢のアイボリーと茶のレザートリム (合皮だけど) の取り合わせが、落ち着いた感じで気に入った。雰囲気を損なわぬため、あご紐がDリング仕様と云う気遣いも嬉しい。昨今主流のバックル式のよに、ワンタッチで着脱ができぬのだけれど、慣れてしまえばさして気にもならず。ほんの…

働く仲間

|モノ| |手仕事| 『フォルゴーレ号』の荷台、つまりリアキャリアへ、荷物積載のための箱様の何らかを取り付ける予定であることは、以前にちょろっと書いたけれども、暑いだの疲れただのと云い訳ばかりしては、なかなか取り掛かれずに居たのを、先日のゴーヤーで幾らか復調したのに気を良くして、いよいよ実行したのである。 本来ならば、自ら寸法を測って簡単な図面を書いて材料を用意して...と一から拵えたいところなのであるが、一旦落っこちた気力が、どうにもそこまで戻らなくて、結局はホームセンター…

目下訓練中

|雑記| |モノ| バイクの納車から暫くの間は、もっぱら交通量の少ない午後の裏道で運転を慣らして居た。農家や畑の多い裏道は横道や辻、カーブも坂も在るので、低速での練習には丁度良い。 何しろ、教習所でのたった二時間ぽっちの実技講習で、スイスイと運転をこなせるよになるのは無理な話であって、ましてやその貴重な二時間ですら、私の場合は必要な事柄を殆ど何も教えて貰えなかったも同然なので*1、文字通り実践在るのみ、なのである。裏道で慣らしたら、次は県道。県道で信号機の在る交差点に慣れたら…

フォルゴーレ号、フォルゴーレ号になる。の巻

|モノ| 先ずはこちら『飛行艇時代』の中の一頁。 トリコローレに塗装されたサボイアの方向舵に、ポルコの故郷であるジェノヴァ市章があしらってある (左上の画) 。従って、拙フォルゴーレ号も本家に倣うべくステッカー貼りを目論んだ、と云う訳なのであった。イヒヒヒヒ…。 ◆◆◆ でもってね、『フォルゴーレ号』にステッカーを貼ったYO! 【左】正面のロゴ上に、トリコローレとジェノヴァ市章をぺたりんこ。 【右】ボディ側面にはイタリア海軍の紋章。是は何と云うか、まぁ個人的な好みで、ね。 イ…

電気スクーターがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!

|モノ| 購入の手続き完了後、納車を待つこと凡そ三週間。 ようやっと件の電気スクーターがやって来たYO!*1hobbiton.hatenadiary.jp ◆◆◆ 名付けて『フォルゴーレ号』(folgore=雷) なのだ!「フォルゴーレ号」はご存知、ポルコ・ロッソ氏の愛機「サボイアS.21試作戦闘飛行艇」の名であるが、是については既に決めてあって、ああだこうだグルグル悩まず命名に至った。先ずは、その真っ赤な車体の黒とのコンビネーションに「こりゃ、まさしくロッソネロだねぇ」と、…

原付免許と電気スクーター

|モノ| |雑記| 突然ですが、私ホビ、原付免許を取ることに致しました。*1 実のところ、原付免許取得については昨年秋辺りからの計画で、当初の予定では昨年十二月に受験するつもりだったのだが、私用で延期に。その後、一月二月は寒いし、春先は学生らで混み合いそうだし、五月が季節的にも丁度であろう、と五月の受験を念頭に備えて居た。しかしながら、今度は新型某の云々が在り、更に暫くすると教習所自体が当面休校となってしまったため、計画は一時頓挫。それが先頃、ようやっと業務を再開したと云うの…

マイ・ミュージック・ボックス

|モノ| |回想| 去る四月下旬から凡そ一か月弱続いた休業中は、思いがけず掃除と片付けの機会と相成り、その結果、押し入れも抽斗もさっぱりとした。更に、長い間無法地帯だったCD棚周辺もこの機会に整頓。半日がかりで何とかカテゴリ別に収納し、無造作に押し込まれてあったレコード盤も、一枚一枚確認して棚の一角へ場所を拵えた。そして、嗚呼。有象無象のカセットテープの一群である。 インデックス付きでケースに入って居るのや、ケースには入って居るけれどインデックス無しの、裸のままの中身だけのな…

再びの501

|モノ| |雑記| 先月のと或る日。 同業者のKさんから電話で「古着、要る?」 Kさんは十数年前まで、自身の店の一階で古着屋も営んで居たのだが 事情が在って古着屋は閉店。その当時の在庫が未だ少し残って居り、 物置の中を片付けたいので、何か欲しいものが在れば、と云う。 501の大き目の!32インチくらいの!とリクエスト。それからひと月の程経った、本日午後。 Kさんがごそっと袋を抱えてやって来た。 「遅くなったけど501。他にも置いてくから要らないのは処分して」 薄いグレーのカー…

転んでもタダでは起きぬ

|モノ| ”猫タワー二号”の支柱部分が遂に修復不可能となったため、 やれ。新たな猫タワーを新調致しましたヨ*1。【1年保証】キャットツリー 据え置き 全高 140cm ハンモック付き シニア 運動不足 猫ちゃん ROOK140 組み立て 設置 簡単 爪とぎ 階段 スクラッチ 多頭 猫 ねこ ペット ペット用品 ペットグッズ スリム おしゃれ おすすめ 人気[送料無料][あす楽]ジャンル: ペット・ペットグッズ > 猫用品・猫 > キャットタワーショップ: マックスシェアー m…

四十路の履物考:オーロラシューズ篇

|モノ| 修理に出してあったオーロラシューズ(◆)が、ひと月を経て戻って来た。 依頼した修理内容は”オールソール”と云って、ソール部分を全て剥がして張り替えるもの。それだけでなしに、丁寧なクリーニングと保革なども施して下さり、比較できるよな修理前の写真の無いのが実に残念なのだが、いやはや。すっかり見違えた。踵部分の型崩れやアッパーの退色など、ダメージはきちんと補修されて居るけれど、経年の味わいは程好く残して、ぴかぴか過ぎない仕上がりが実に丁度良い。 +++ 左がミドルイングリ…

四十路の履物考:Dr.マーチン篇

|モノ| 私の人生初Dr.マーチンは高校一年の頃。鉄板入り3-eyeのチェリーレッド、所謂「おでこ靴」である。バイトで貯めたお金を握りしめ、当時の田舎のトンガリキッズ(笑)たち御用達の店で買い求めたのだけれども、それから十数年の長きに渡り、もういい加減ボロボロになって革が擦り切れるまで履き続けた末、ようやっと天寿を全うし御役御免となった。二足目のマーチンは10-eyeで二十一の頃。生まれて初めてロンドンを訪れた際に買い求めた品で「初めてロンドンへ行ったら、絶対にマーチンのブー…

四十路の履物考・反省篇

|モノ| 仕事用靴の踵の内側が破れて途方に暮れた。KEENのトレッキング靴で、色違えで二足在るのだけれども、はじめは一足だけであったのが、とうとう残る一方も破れてしまったのである。この手の靴は通気性の点から、内側にメッシュ生地を使用して居るため、それが仇となったのだろ。踵以外の他の部分は何処も痛んで居らず、まだまだ長く履ける状態と云うのになぁ。仕方が無いので、黒の粘着テープを貼って急場を凌いで居たのだが、みっともないことこの上無く、当然こんな状態で良い筈が無い訳で、嗚呼どうし…

ホリスティックご飯事情:其の三

|モノ| |猫随想| 【前回からの続き】 『其の一』は→◆ 『其の二』は→◆ さて。ホリスティックケアにおける「健康」と云うのは、単に病気でない状態のことを指すのではなく、体と云うものを”ひとつの全体”と捉え、精神や環境なども含めた全ての要素がバランス良く調和し、リズムの取れた状態のことを指し*1、その健康の基礎を担うのは先ず質の良い適切な食餌、加えて日頃からのケア。それが免疫力や自然治癒力を高めることへと繋がってゆく、と考える。 しかしながら、バランスやリズムと云うのは様々…

ホリスティックご飯事情:其の二

|モノ| |猫随想| 【前回からの続き】 『其の一』は→◆ ■プラス、毎日のご飯に加えるハーブなど。 1:ネトルティー イラクサの名でも知られるネトルは、天然のマルチビタミンと呼ばれる程、豊富な栄養素をバランス良く含む他、抗アレルギー作用によって花粉症の症状を和らげる働きも在り、主にも嬉しいハーブである。ただし是をお茶にして飲むと云うと、青菜を茹でた後の茹で汁を飲んで居るよな、何となく微妙な味…(笑)。ティーバッグの中身をミルで粉砕して使用。 2:ビタミン・ハーブブレンド フ…

ホリスティックご飯事情:其の一

|モノ| |猫随想| 拙宅の猫らの健康管理の要である、ご飯事情。昨年よりホリスティックケアを学び始めて以来、実践を重ねながら色々と形になってきた事柄について、ここへまとめようと幾度か試みたのだが、何せこうした全体を分かり易くまとめるだとかの類が滅法不得手なもので、ああでもないこうでもない、と書き足して居る間にぐだぐだと長いものとなってしまったため、一旦お蔵入り…。再度改めて書き直してはみたたものの、長いことには変わらず(笑)、そんな訳で結局は数回に分けることとした。 あれこれ…

ロングポール爪とぎ

|モノ| 拙宅では、爪とぎポールも兼ねた猫タワー(通称:タワーB)の柱が、専ら猫たちの爪とぎの役割を担って居り、それで充分に事足りて居るため、別途独立した”爪とぎ”と云うものが無い。しかしながら、おっさん二匹分の日々のガリガリ攻撃による消耗は、思いの外激しく、ホームセンターにて買い求めた麻縄をDIYで巻きなおすこと、計六回。そうしたところ、いよいよ柱の芯である紙管がへたって参り、今後更に巻き直すことは無理であろう状態となってしまった。 そうかと云って、坊ちゃんらがそれを理解し…

拙宅のカリカリ事情:実践篇

|モノ| |猫随想| さて。拙宅の坊っちゃんらの食餌見直し計画(◆)も、紆余曲折を経ながらようやっと形にまとまり、そうしていよいよ実践に移してから三週間程が経過。結果はと云うと上々なのだけれども、何がどう上々なのかは改めて記すとして、今回は先ず、見直して新たとなった食餌の内容について書いておこうと思う。 (以下、長くなりますが悪しからず...。) ピピン君のカリカリ。フォルツァ10 ミスターフルーツ ライト 成猫用ドライフード 1.5kg (01388) キャットフード プレ…

拙宅のカリカリ事情

|モノ| |猫随想| ご存知の方も居られようが、拙宅の坊っちゃんら。若旦那ことピピンはストレスがお小水に出易く、忍びちゃんことビルボは生まれつき腎臓に難在りと、其々が其々の健康事情を抱えて居る。こうした理由などから、坊っちゃんらには其々に適したカリカリ、即ちドライフードを与えて居る訳なのだけれども、近頃主なりに色々と想うところも在って、一念発起。大々的にフードの見直しを検討するに至ったのである。 (以下、長くなりますが悪しからず...。) ピピン(雄) 5歳 4.9kg 20…

猫ブラシ考

|モノ| 抜け毛の季節である。ヒトではなく、猫の話である。 猫と云うのは被毛の長短に拘わらず、大概が自らまめに毛繕いするものだが、比較的手入れの手間が掛からないとされる、毛足の短い”短毛”の猫であっても、被毛の手入れ。つまりブラッシングはやはり必要で、通常であれば週に一度か二度で済むものを、春と秋の換毛期及び夏場には、特に大量の毛がどっと抜けるため、せっせと頻繁に梳いてやらねばならぬのだが、実はこの肝心のブラシ選び、なかなか難しい。 ご存知のよに、拙宅の猫ら二匹もやはり短毛猫…

餅屋のペットゲート

|モノ| 拙宅の玄関ドアの内側には、猫らがひょいっと飛び出さぬために、プラダンで適当に拵えた飛び出し防止柵が在る。腰の高さ程のプラダンの片側へリングを通し、是をドア枠にねじ込んだヒートンと連結させただけの、極めて簡易な作りなのだけれども、是が実に、簡易と呼ぶのすら憚られるよな、全く何の工夫も無いお粗末な代物なのであり、その内に何かしっかりとしたものを拵えよう、と考えては居たものの、考えて居るままに時は経ち、有耶無耶となる中、日々の摩擦やら負荷やら。更には若旦那のガジガジも加わ…

腑に落ちない猫タワー問題

|モノ| ■忍びちゃんことビルボ気に入りの、据え置き型猫タワー(通称・2号)のハンモックが、経年劣化で遂に綻び始め、こいつはどうしたものか...と思案の末、使わなくなったクッションカバーで全体を包んで、それで良しとしたのだけれども、いつも思うのは、今回のハンモックにしろ、特に消耗の激しい爪とぎポールなどは、別売りの交換用パーツが在って然るべきである。そこんところをしかと心得た製品だと、こうしたパーツが交換可能だったりするので、結果的には経済的且つ、長く使える訳で、ポール一本が…

猫の網戸対策

|モノ| 窓辺の好きな拙宅の坊っちゃんら。これから窓を開ける機会の多い季節となると、待ってました、と窓辺に陣取って寛ぐことが多く、それだけなら平和で長閑で結構なのだけれども、度々網戸によじ登る、ぶら下がるなどするもので、当然網戸はたわむわ、穴だらけになるわ。折角修理しても早速に同じ被害に合うため、面倒になってここ二年ほど放置して居たのだが、蚊の侵入は勿論、何よりみじめな様はさすがに耐え難く、それを昨年秋にまとめて張り替えた。嗚呼やれやれ。是でようやっと胸のつかえが取れた、すっ…

たかが一枚、されど一枚

|モノ| 数年前に腰を患って以来、定期的にメンテナンスを行って居たのと、恐らくは太極拳の効果も在るのか。ここのところはずっと調子が宜しく、鍼灸院へ施術に通うことも無かった訳だが、腰とは別に件の腱鞘炎で通う日々なのである。先生に腰の塩梅を尋ねられた際、調子が良い旨を伝えた後で「あ。でも待てよ…」と。 確かに、日常生活の中で腰の痛みを意識することは、ほぼ無くなったとは云え、朝起きる前の暫しの間、腰から背中にかけてがまるで固まったよになって、鈍痛にも似た重たい感じが残ってすっきりし…

タワシのタムラさんとワタシ

|モノ| ”タムラさん”は人では無くて、タワシの名前である。亀の子 ボディブラシ マッサージ・体洗いタワシ タムラさん出版社/メーカー: 亀の子束子西尾商店メディア: ホーム&キッチンこの商品を含むブログを見るタワシはタワシでも浴用。つまり、体を洗うために作られた健康タワシで、私の使って居るのは、この”タムラさん”なのだけれども、他にサトオさん、ナリタくん、ニシオくんらが在り*1、其々に硬さや素材が異なる。因みに、タムラさんは二番目にやわらかい。 尤も、タワシで体を洗うなどと…

その後のUFO

|モノ| 乗組員二名、しっかり乗り込んで居ります。 地球征服でも何でも、好きにやったら宜しい。 忍びちゃんが、端っから入る気満々の一方で、初日は周囲をグルグルウロウロするだけだった若旦那も、やはり、UFOの発する不可思議な力には抗えなかった模様...(笑)。中は案外ゆったりなもんで、おっさんが二匹入っても窮屈にならず、良かった良かった。

UFO買いました

|モノ| 何故に猫と云う生き物は、本来の使用法を嘲笑うかの如く、ドーム型のねぐらの上へ無理にでも乗っかって、そして潰すのか? 猫飼いなら、誰しもが抱える永遠の謎である訳だが、奴めらにしてみれば「乗りたいから乗る」只それだけなのであって、其処には理由も理屈も仁義も在りはしない。人間の思惑など全くのお構い無しの、ヤクザなダダイズムの日々続いた結果、拙宅では、若旦那が来てすぐの頃に買い求めた、青リンゴドームがいよいよ以って、無残。不恰好のぺしゃんことなり、今や只の薄汚れた草臥れ座布…

納得のゆく買い物

|モノ| |太極拳| 遂に。三十二式剣を購入した次第。素敵なケースも一緒だヨ! 実はこちらの剣*1。正規品のアウトレットと云うことで、定価より二千円程お安いのだけれども、何処がアウトレットなのかと云うと、まじまじと見なければ分からぬ程度の、至極小さな傷が一つ在るだけ。どのみち数回使えば、傷などすぐに付いてしまうものだし、私はちいとも気にならない。それ以外は何ら正規品と変わらぬ訳だから、是は実にお買い得であった*2。尚、色はシルバーを。おまけで付けて下さる剣穂(けんすい)は、白…

寝かして生かす

|モノ| 押し入れの衣装箱に仕舞ったTシャツを整理。 長く出して居なかったので、改めて確認した訳だが、 いやはや。出て来るわ出て来るわ。 あれやこれや、懐かしいバンドTシャツが(笑)。 今更バンドTシャツって歳でも...と蓋を閉じかけ、 しかしながら、否、待てよ。 四十路には四十路のバンドTシャツ道が在ろう、と。 Tシャツのデザイン自体は勿論、襟首の塩梅だとか、 全体的なサイズ感だとかが、まさに肝であり、 一つ誤れば”無理して着て居ます感”がありありと 出てしまう訳で、そこい…

飛躍と私

|モノ| 功夫好きの方ならご存知かと思うが、中国には『飛躍(フェイユエ)』と云う、有名な国民的武術シューズが在る。昔ながらのキャンバス生地にゴム底の、素朴な懐かしいつくりで、武術は元より(因みに、少林寺の修行僧の皆さんも履いて居る)、かつては小中学校の運動靴としても使われたとのこと。日本で云えば、差し詰め”アサヒシューズ”や”月星シューズ”みたいなものだろか。 (懐かしさと野暮ったさが味の在る『飛躍(フェイユエ)』シューズ。軽いヨ!) 数年前、知人に頼み込んで上海土産に買って…

<