双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

原付免許と電気スクーター

|モノ| |雑記|


突然ですが、私ホビ、原付免許を取ることに致しました。*1


実のところ、原付免許取得については昨年秋辺りからの計画で、当初の予定では昨年十二月に受験するつもりだったのだが、私用で延期に。その後、一月二月は寒いし、春先は学生らで混み合いそうだし、五月が季節的にも丁度であろう、と五月の受験を念頭に備えて居た。しかしながら、今度は新型某の云々が在り、更に暫くすると教習所自体が当面休校となってしまったため、計画は一時頓挫。それが先頃、ようやっと業務を再開したと云うので、なんだかんだの末、七月に受験する運びとなったのである。

そもそも、何故に今更の免許取得なのか。構想そのものは数年前からずっと在って、それが必要に迫られた格好で、ここ半年程の間に具体化へ向けて進み始めたのだ。
組合の会合やら雑務やら自身や猫たちの通院、等々等々...。年齢を重ねるに連れ、様々の場面でどうしてもバスや徒歩、自転車だけでは限界があるなぁ、と云うことが徐々に増えてきて、元来が (止むを得ず、或いはその人の厚意で) 人に車を出して貰うと云うのも、気が咎めて極力避けたい質である。そうなって、いよいよ現実的に運転免許が必要な時期へ来たことを痛感し始め、そして今がまさしくその時なのであろう、と腹を固めた訳だが、そこに端から車と云う選択肢は無い(笑)。自動車の免許取得は (通いにしろ合宿にしろ) 時間的にも費用の面でも非現実的だし、自動車なんてものが分不相応である。身の丈、身の丈。私風情には原付辺りが丁度良く、原付の範囲で日々の大概は事足りるだろう、と。

尚、原付バイク選びについては、最初からガソリン車では無く、電気と決めて居た。猫らへの影響 (音や排ガスの問題) 、燃料費や扱いなどの諸々を考えてのことで、もし仮に電気スクーターの存在が無ければ、ここまでには至らなかったかも知れない。
ところがデザイン・価格・性能の三拍子揃った製品と云うのがなかなか見当たらず、苦労して見付けたら見付けたで、購入を検討して居る間に人知れずひっそりと販売終了...など、幾度も袋小路へ。ううむ。上手くいかんもんだなぁ。段々と免許取得への気持ちが萎えてゆくなぁ。としょんぼりして居たところへ、最近になってようやっと、今度こそ理想的な納得の車種が見付かって、遅々と進まなかったホビ四十路の一大計画が、ダダダっと具体的に動き出した次第なのである。


◆◆◆

でもって、電気スクーターを購入したんだYO!

www.xeam.jpスペック等の詳細は旧モデル()参照。


と云っても、予約の申し込みをしただけなので、正確には未だ購入に至って居ないが、支払いについては、もしものときの虎の子とする筈だった「定額給付金」の残り八万六千円*2を、是に充てた上で分割払いとすることとした。本体価格に消費税だのオプションだの配送料だのを全て合わせると、総額二十四万円と少々。地味で質素な暮らしを旨とする小生にとっては、動悸のしそうなかなりの高額なお買い物である(笑)。
だものね、車なんざとんでもないですよ。全くの分不相応ですよ。辛うじて原付なら、私風情であっても何とか遣り繰りして買えるし、税金や維持費等にしても然程の負担にはならぬと思われ、まして電気バイクは、空気も汚さず音も静かで環境にやさしく、バッテリーをフル充電でも僅か数十円と財布にもやさしい。つまり、身の丈に合って居るんですよ、と(笑)。


◆◆◆

でもって、色は赤にしたんだYO!

f:id:hobbiton:20200615174126j:plain:w400
しかしこの真っ赤は、何だか弐号機みたいだな(笑)。

当初はライトブルーを考えて居たのだが、只今欠品中&再入荷は数か月後と云うんで、すぱっと諦め、ならば赤でも宜しかろう、否。是はむしろ赤だよね!と相成った次第。現在返答待ちなので、ひょっとすると赤も欠品の可能性が在るかも知れず、その場合はまぁ、気長に待つかな。どのみち、未だ免許も取得して居ない訳だし(笑)。

*1:長年のご近所さん方はご存じかと思いますが、私は運転免許証を持って居ないのであります。

*2:例のマルチプレーヤー&スピーカー購入代金を差し引いて。今後の先行きがどうなるか知れぬので、できれば残しておきたかったお金だが、この買い物が今後大いに生活の助けとなるであろうことは、ほぼ間違いなかろうから、考え様によっては、実に堅実な使い道と云えよう。うん、そうだ。

<