双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

秋支度

|日々|


オールドローズのお嬢さんたちが、次々と秋の返り咲きを見せて居る。
こんな風に皆が秋のバラを見せてくれるのは、今年が初めてのことで、
春に比べると花は小ぶりだけれど、秋のバラは色が深くて味わいが在り、
掌で包むよにしてあたためると、ゆっくり上品な香りが上がってくる。

f:id:hobbiton:20191016172149j:plain
”ヴィックス・カプリス”と”マダム・アルフレッド・キャリエール”。
特にキャリエールがこの時期に咲いたのは、恐らく今までに無かった筈。
用土や施肥、お世話の内容など、少しの手加えや塩梅でこれ程違うものなのだな。
いちばん乗りだった”サフラノ”は台風で散ってしまったが、まだまだ蕾が待機中。


f:id:hobbiton:20191016172423j:plain
若旦那は寝台にできた陽だまりを見付けて、うとうと。
ここ数日で空気が急にひんやりとしてきて、朝晩の肌寒さに戸惑う。
早速に敷物とカーテン、夜具などを秋冬のものと取り換えた。


f:id:hobbiton:20191016215038j:plain
猫たちの寝床も秋支度。
ぎゅうぎゅうとなって、暖をとる。

台風一過

|雑記|


■一夜明け、台風一過も未だ北風だけが轟々と残って居る。朝六時に起床し、坊っちゃんらにいつもよか早めの朝御飯を食べさせた後、いそいそと店の具合を確認に向かう。万端の備えの甲斐在り、あれだけの暴風雨だったにも拘らず何事も無く済んだ。やれやれ。


■外回りを粗方の確認後、小屋に避難させたお嬢の元へ急ぐ。何しろ昨晩は凄まじい荒れようだったので、雨漏りや吹き込みが非常に心配だったのだが、お嬢共々こちらも無事*1。お嬢はと云えば、思いのほか元気で変わり無く、多めによそっておいたカリカリをしっかり食べ、水を飲み、きちんとトイレで用も足してあった。偉い偉い。


■台風は去ったものの、事後処理に追われる職種の方々も多かろう。河川沿いの線路では冠水した箇所も在ったらしく、未だ鉄道が動いて居ない。安全確認などの作業のため夕刻まで運転見合わせとのことなので、Aちゃんが出勤できず已む無く本日も休業。昼を食べたら、再びせっせと元へ戻す作業に取り掛かろう。

*1:自分で云うのも何だが、素人が建てた小屋にしては、結構大したもんよね(笑)。

暁に東の方を見よ

|雑記|


最大級の警戒が呼び掛けられて居る、超大型台風の間近に迫る中、
未だ様子の静かなうちから、店の表回りの片づけやら補強やら。
せっせせっせと、独楽鼠のよに、着実に防災の準備を整える。
何と云っても、手塩にかけたオールドローズのお嬢さん方。
秋に入ってぐんぐん伸びて来たので、何としても枝葉を守らねば。
動かせる鉢入りさんは軒下へ取り込んで、構造物へロープで固定。
動かせぬものは枝を結わえるなどして、可能な限りの保護をし、
植木鉢やバケツ、椅子、脚立などは外階段の下へ移動。
他、コンパネで覆ったり。重量ブロックを並べたり積んだり。
細々したものを全て店内へと取り込み、日よけを外したら、
梯子を屋上へ上って、アンテナのケーブルなどを確認。
怪しい箇所は結束タイで固定し、ついでに螺子も締め直す。
ポリ容器に水を汲み置き、ランタンに新たな電池を入れた。
ふむ、こんなものかしら。未だ何か在ったかしら。
午後にようやっと一段落して、ふとご近所を見渡せば、え?
どうしたことやら、お隣さん以外は、どのお宅もそのまんま。
即ち、来たる嵐への準備も対策も、なさる気配が全く無いヨ!
土地柄とは云え、こうなると暢気さも或る意味、罪である(笑)。


しましまぁ、この黙々着々と進める備えは戦に臨むが如く。
ヘルム峡谷での合戦前夜みたいだなぁ、などと思う。
となれば凶暴な台風は、差し詰めアイゼンガルドの軍勢か。
尤も。合戦どころか、こちらは籠城するしか無い訳だけれどもさ。
お外っ子のお嬢の身が目下心配であるが、明日の早朝までは
一先ず軒下の寝箱で過ごして貰って、雨風の酷くなる前に黒焦げ荘()
もとい”Blackburned Cottage” (笑) へ避難させるつもりである。
以前の大雨の際にも、緊急避難させて一晩過ごして貰ったし、
勝手は心得て居ることと思うけれど、丸一日ってのは初めて。
何にせよ、こんな緊急事態のためにも、小屋を建てておいて良かった。

<