双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

粛々冬支度

|縷々|


日めくり暦を横から見たら、もうこんなに薄くなって居て、
そりゃあそうだ。だって、もう師走だものな。

気が気でなかった毎年恒例十一月の狂騒月間については、
それなりに忙しかったものの、幸い心得たお客さんが殆どだったから、*1
いつものよな白目にもならずに済み、良い意味で拍子抜けであった。
ほっと安堵して十一月を仕舞い、迎えた十二月。
小さなクリスマスの置物など控えめに飾る。

少しずつ動き出した日常が、再び足踏みを余儀なくされ、滞る。
深く溜息をつき、暫くして「えいっ!」と気を取り直す。
そうやってまた、粛々と日々が進む。
冬支度が始まる。

*1:勿論、中には案の定なのも居たけれど、ほんの数える程度だった。

十回目

|雑記|


f:id:hobbiton:20211123165137j:plain

アーロンが猫神様となって、今年で丁度十年。
節目の十回忌、か。そうか、早いものだね。

小菊と秋の野の草活けて、お供え物の小さなお饅頭は
舎弟先生がこないだ日帰り修学旅行で出掛けた
日光のお土産です。どうぞ召し上がれ。

命日はいつも忙しく過ぎて、しみじみするのは暗くなってから。
さあさ。珈琲淹れて、ゆっくり差し向かい。

十一月、昼下がり、気晴らし

|日々|


午後。ぽっかり空いた暇時間に古森号の整備などする。
すり減ったブレーキシューの交換やら、チェーンとスプロケットの洗浄やら。
たっぷり二時間ほども費やして、ちまちませっせと黙々と。
特にチェーンは想像以上に汚れて居り、長らく放置した己の怠りを省みる。
つい注油にばかり意識が向いてしまいがちだったが、基本は掃除。
掃除が基本なのは、自転車に限らず、何事においても同様であるね。

手入れにしてもそうだけれど、しみじみちゃんと乗り出すと云うと、
色々なところにあれこれと気が付いて、気になり出せば何かと悩ましい。
そろそろワイヤー類も交換せねばならぬし、ペダルも交換したいよなぁ。
交換ついでにタイヤも履き替えたいなぁ。工具も幾つか買い足しが必要か。
などなど。切りが無くて困るので、優先順位をつけて計画的に、だ。

ふと思う。植物にせよ、自転車にせよ。
私が整備だとか手入れだとかを好きなのは、単純にそこへ没入する時間や
作業そのものが好きだと云うのと、そうやって費やした労力が形となり、
直にありありと、身を以て感じられるから、なのであろう。
至極シンプルだが、身体感覚を伴った確かな実感が在って、好きなのだ。
僅かでもこう云う気晴らしの時間が取れないと、とてもしんどい。



挿し木から育てたキャリエールの奥方。
一輪だけ、楚々と、ひっそり咲いて居た。

f:id:hobbiton:20211119165524j:plain
十一月だのに、なんだってこの暖かさは。
未だセーターも出せやしない。

<