双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

四十路の着付け再考

|着物| |モノ|


以前より店に通って下さって居る、知り合いの娘さん。最近になって着物を着始めて、すっかりアンティーク着物贔屓になったと云うので、私にはもう合わなくなってしまった錦紗や銘仙など。箪笥の中から数枚、彼女に似合いそなものを見繕って差しあげたところ、大層喜んで、後日早速にその内の一枚を着て来店してくれた。私より一回り以上若い上、細身で顔立ちもかあいらしいから、大きな柄行の銘仙も良く似合って、習い始めたばかりだと謙遜して居たけれど、着付けも上手で本当に素敵。何よりも、着物が愉しくて仕方が無いと云う風なのが、着姿からもぱーっと伝わって来て、見て居るこちらまで嬉しくなってしまったのだった。
それがきっかけとなって、丁度良い機会かと、久々に着物箪笥を全て広げて整理し始めたのだが、いやぁ、もう愉しいったら愉しいったら。この愉しさ、暫く忘れて居たわ(笑)。骨董市で集めたアンティーク着物は、縦縞のお召しを筆頭に、格子縞やよろけ縞。銘仙は袷の他に夏銘仙も。父方の祖母のお下がりは、色無地に紬に江戸小紋。袷の方が多いかと思ったら、単衣の着物も同じくらい在るなぁ。織りの着物。染めの着物。帯。長羽織などなど。
考えてみれば、ここのところはずっと、着物と云えばお葬儀や法事ばかりで、普段に着ることから離れて久しかったのだけれど、また着始めよかなぁ。うん、着たい!

しかしながら、ひとつ大きな障壁が…。と云うのも、数年前に手首と肩を痛めて以来、背中でお太鼓を作る際の、後ろ手での作業が年々確実に辛くなって来て居り、無理に曲げよう、上げようとすれば痛むわ、さっぱり力は入らぬわ。己の身体機能の低下に加え、全く帯格好のびしっと決まらぬもどかしさが、常にじくじくと悩みの種なのであった。やれやれ。四十路も終盤、五十路を前に折角着物を再開する気になったと云うのに、一人でお太鼓が結べないなんて。嗚呼、何か良い手立ては無いものかしらん。探ればきっと何処かに在る筈…。


と、そんな矢先。ふとしたことから、こんな道具が在ると知る。*1

「帯止め金具」通称「ヒコーキ」と云うモノ。何だろな、封を切った菓子袋の口を留めるクリップが在るが、丁度あれと同じよな構造と考えれば宜しいか。使用法は至ってシンプル。ヒコーキのクリップを開いた状態で、帯と着物の間へぐっと差し入れたら、パチンと金具を留めるだけ。つまり、胴に巻かれた帯はクリップが挟み込み、背中の中央でしっかり固定される訳である。又、ヒコーキの上部には帯枕を乗っけるための小さな台座が付いて居り、帯だけでなしに帯枕の面倒まで見てくれると云う、実に至れり尽くせりの出来る子なのねぇ。


下リンクは、別メーカーによる類似商品の使用法説明。

メーカーは異なるが、商品自体は殆ど同じ作りなので(笑)。
www.azumasugata.co.jp

このヒコーキの担ってくれる役割を、本来は己の手のみで行う訳だから、体の自由が利く間は特に不便を感じることはなくとも、実際に肩だの手首だのに支障を抱えるよになると、代役が居ると云うのは心底有難いものと痛感。在庫特価で三百三十円だったため、もし失敗しても別に良いや、くらいの気持ちで購入したものの、いやはや。たかが便利グッズと侮って、実に申し訳なかった(笑)。
「足」を差し込む際に一寸コツが要るので、慣れるまではもたつくかも知れぬが、是で一旦固定されれば帯の緩むことが一切無く、両手が空いて作業が楽なのが嬉しいし、特に私の場合、お太鼓は帯を結んだり捻じったりせずに作るので、結果的にまさしくドンピシャの品。
元来が着付けに関しては「○○式ナントカ」みたいな、発明品の如き大仰な”便利グッズ的着付け道具”の類が好きではないから、在るとすればせいぜいコーリンベルトくらいで、着付けは最小限の小物でシンプルにできれば宜しい、と思って居る質なのだけれど、こればかりは実に大助かりと云うか、道具は使いようだなぁ、と(笑)。私同様に、後ろ手が辛くてお太鼓に難儀して居る御仁へ、是非ともお勧めしたい一品である。


体の何処かしらへ不自由が生じて、今までできて居たことが難しくなったり、辛く感じられても、一寸した工夫や小さな道具の力を借りることで、苦では無くなることも在る。四十路 (ほぼ五十路) の着付けは、より柔軟に、しかしながら吟味して、足し引きを加減しながら、品良く塩梅良く。

以前にも引用した幸田文の言葉 () を再度記し、改めて肝に銘じたいものである。

十代は親が着せます。二十代は若いからだが着ます。三十代は才覚が着ます。四十代になると気性みたいなもので着て、土壇場のしのぎをつけることもできるのか、と思ったことでした。

*1:着付け教室に通った我々の母世代に聞くと「ああ、あれね」と大抵知って居て、箪笥の奥の方で忘れられて眠って居る確率高し。

<