双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

女の着物

|着物| |本|


幸田文 きもの帖

幸田文 きもの帖


ざらりの質感と厚みのある表紙は、着物を想わせるつくり。
背筋を正して手にすると、項をめくる度、綴られた言葉の
ひとつひとつより、凛と律した所作や着姿、衣擦れの音が
はっきりと浮かんでくる。しゃりとした佇まいが心地良い。
着物を語る言葉の数々は、ときに厳しく、ときにゆるやか。
また、潔さを伴えば、執念とも呼べる欲を含めたりする。
幸田文と云えば縞のお召だけれど、私の箪笥にもやはり、
縞のお召ばかりがやけに目に付く。茄子紺や鉄色の地色に、
柿渋や海老色などの入った、ぱきっとした色味の。縦縞の。
着物を着始めたのは、二十代も後半に入ってからであったが、
その頃より、着物の好みは然程変わらぬよに想える。尤も
祖母からは、あんたは若いんだから、もっと若々しい色柄の、
やわらかいのを選びなさいよ。などと、云われ云われしたもの。
確かに、たまに気が向いて、錦紗だとか銘仙だとかを選んでも、
どうしたって結局は渋め渋めに偏って、我ながらぱっと明るい
色目を選べぬものか、と呆れたことも度々。はんなりと薄淡い
色味のもの、体に吸い付くよなやわらかいものは、どうにも
自分の気性には合わぬ気がして、つい、程好くごわっとした
紬やお召の着心地、粋な色柄に惹かれて手が伸びてしまうのだ。
着物の愉しさは、同じ着物であっても、それを着る年齢によって、
印象も佇まいも変わってくることかと想う。三十代には三十代の。
五十代には五十代の。帯の塩梅だとか着方。また、帯揚げなどの
合わせる小物もその歳々に連れるから、如何様にも着られて
大変に面白い。あんまりにも渋過ぎて、若い頃にはしっくりせぬ
よに感じられて、つい尻込みすると云うことも在るけれど、
焦らず少し待つことで、必ずしっくりくるよになるのだし、
男っぽい着物をわざわざ選んで着てみても、それはそれで、
ちゃんと女の情緒が漂うのだから、つくづく不思議なものだ。
考えれば考える程、色々と興味は尽きない。

十代は親が着せます。二十代は若いからだが着ます。三十代は才覚が着ます。四十代になると気性みたいなもので着て、土壇場のしのぎをつけることもできるのか、と思ったことでした。


すると私は既に 「才覚で着る」 域の只中な訳だ。
三十代は着物盛り、何をどう着ても似合うとは良く云う。
変に臆せず、益々試して、益々着たいものであるが、
或るお婆さんが文に云った言葉が、また良かった。

”きものも、一生かけて着てみなければ、わかったものじゃない。ひとが三十のときに似合うものを、自分は四十で着て落付いていたということもある。今日着て、今日似合わないからといって文句をいうようじゃ、料簡がちがう。”


成る程。つくづく深い。

<