双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

違和感よ、さようなら

|雑記|


ざあざあの雨の中、三か月ぶりで散髪へ行く。
三か月ぶりではあるが、いつもの不精からでは無い。
髪が充分に伸びるまで、わざわざ放っておいたのである。
と云うのも、昨年の冬以降は「特にこうしいたい」とも思わずに、
何となく美容師さんに、所謂”お任せ”で整えて貰って居た。
段を入れ、量を梳き、毛先を軽くし、前髪を長めに取って
全体を片側へ流した風の、今様のショートヘアである。
最初はどうもピンと来ず、しかしながら、そのうちに慣れたら
しっくり来るのだろ、とそのままお任せで居た訳だけれども、
日が経つに連れ、小さな違和感はじわじわと広がっていった。
ううむ。やはり”お任せ”は、私には向かぬのだなぁ。
勿論、美容師さんに全く非は無い。
控えめながら、大変にセンスの良い方で技術もお持ちだ。
「ホビさんは何処のお店でカットして居るの?」と
訊ねられることも度々在り、従って私自身がしっくり来ぬだけで、
世間一般的には、恐らく今様のお洒落な髪型なのであろう。
こちらから「こうしてくれ」と云う要望を特に出さぬのであれば、
余程にラジカルな美容師さんでも無い限りは、なるたけリスクを避け、
今様に無難に整えるのが最も間違いの無いもの、と思う。正しい。
故にそれをしっくり来ぬだとか、無難だとかと感じてしまうのは、
是はもう、完全に個人的な感覚の問題に他ならぬのだ。
さてと、一体どうしたものかしらん…。


そんな経緯から、凡そ三か月。
長さが伸び、厚みの戻るまで髪を放置して居た訳である。
「随分伸びましたね。いつもの感じで宜しいですか?」
「ええと、大変に申し訳ないのですが…」
やはり私は、ニュアンスだとか何だとか、そう云う曖昧で
モヤモヤっとしたのとは対極の、パキっとしたのが良いんだ。
後ろはきっちり刈り上げ。耳もきっちり出す。
分厚いトップを丸くして、前髪は一直線のショートカット。
世間では是を、マッシュショートなどと呼ぶのらしいが、
否々。そんな洒落たものなんかじゃ無い。
早い話が、即ち「坊ちゃん刈り」である(笑)。
仕上がりを見て、美容師さんはしみじみと仰った。
「ああ。やっぱりこの方が断然ホビさんらしいです」
うん、そうだ。その通りだ。


雨足の些か弱まった帰り道、何とは無しにふと思う。
違和感って、最初からはっきりと形の在る類のものと、
日を追う毎にじわじわ確かとなる類のものとが在って、
今回の髪型は、恐らく後者だった訳だけれども、
新しい元号は前者なのだろか。それとも今のこの違和感は
段々と馴染んでいって、いずれ気にならなくなるものかしら。
はて。そう云えば、平成はどうだったろう。
何だか宙に浮いたみたいな響きのまま、所在無いまま、
結局、最後まで肌に馴染まなかった気がする。
だから、気付けばいつも西暦を使って居たんだ。
歩道橋の上まで来ると、冷たい北風が傘を煽った。
こんな雨の日に、どうしてワンピースなど着て来たのだろ。
裾がびしょびしょになって、全く馬鹿みたいだけれど、
こんな風に清々とした気分は、ものすごく久々じゃなかろか。
数か月ぶりの刈り上げが嬉しくて、首の後ろを掌でさすった。

<