双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

不文律

|ホビ吹|


減量を順調に進めて居たホビ吹くんですが、ここ数日と云うもの、
どうやら目方が、ぴたりと止まってしまったらしいのです。


「いまさら停滞期だなんて・・・・
・・・・あまりにも残酷じゃねぇか」


(フ・・・フークレエ・・・?)


「なにやっとる、ホビー!
そんなうすよごれた台所スポンジなんぞ見つめて
どうしようってんだい」


「お・・・・おっちゃん!
台所スポンジだと・・・・
あっ・・・・!!


ホビ吹くん。
黒糖フークレエも良いですが、そろそろ土用の丑ですYO。

<