双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

園芸覚え書

|庭仕事|


以下、作業日誌など。

■鉢植えバラの”ザクザク施肥"

昨秋に購入して植え付けた新入りさんなど、土替えをしなかった鉢植えへ「ザクザク施肥」。「ザクザク施肥」とは何ぞや?早い話が、棒状のものを使って土にザクザクと穴を開け、そこへ肥料を施すことである(笑)。
先ず、鉢の表面付近の用土を根が見える辺りまで取り除き、軽くほぐすよに中耕したら、適当な木の棒、やや太目の園芸支柱などを使って、鉢の底の方まで届くくらいの塩梅でザクザクとやって穴を開ける。そこへ有機のリンカリ肥を適量パラパラと蒔き、棒を使って土中へザクザクと入れ込む。是を数か所、同様に繰り返す。
この作業は寒肥としての施肥だけでなく、ザクザクすることによって鉢の中の固くなった用土をほぐし、空気を送り込んでリフレッシュさせる、と云う目的も兼ねて居る。


■マルチング堆肥でマルチング

前回拵えておいたマルチング堆肥 (バーク堆肥+カニガラ+有機ボカシ肥) を全てのバラの株元へ2cm程の厚さで敷いてマルチング。
是だけでも良いのだけれど、私は更にこの上へ表面を薄く覆うよな感じでバーク堆肥(単体)を敷いて居る。


■残りの鉢植えの土替え

前回残した「Mme.ピエール・オジェ(10号)」の土替えを終え、是にて全ての土替えが終了。
尚「Mme.アルフレッド・キャリエール(12号)」は今回は土替えせず、前述の"ザクザク施肥"に予定変更。大型の鉢は土の量も多く、毎年替えるのは結構大変なので、二年に一度くらいでも良いのかな、と。


残る一月の作業は…

  • 立ち木バラの仮剪定
  • つるバラの剪定及び誘引

この大仕事が終われば、冬の作業は一段落なのである。

<