双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

新入りお嬢さんたち

|庭仕事|

以下、新入りさんと作業日誌など。

【九月十三日】

トレジャートローブのお嬢さん、到着。

f:id:hobbiton:20190913202051j:plain
「6号鉢入りの新苗」とのことであったが、いざ届いてみたらば、あらまぁ!中長尺苗と云って差し支えないくらいの、実に立派な苗だ!枝も葉も何と瑞々しいこと。赤味がかった新芽がきれいで、暫し四方から眺め回して過ごす(笑)。


一足先にやってきたお二方。

f:id:hobbiton:20190913202045j:plain:w229 f:id:hobbiton:20190913202039j:plain:w229
【左】ジョアシン・アネの新芽。明るいライムグリーン色が爽やか。でも枝は細くてイガイガの棘だらけなので、取り扱い注意(笑)。
【右】ソンブロイユ。しっかりと厚みの在る濃い緑の葉は如何にも丈夫そうだが、クリームホワイトの花色との取り合わせは素敵だろな。

【九月十四日】
■お嬢さんたちの鉢替え

新入りさんたち、6号鉢から少し早めのお召し替え。

  • ジョアシン・アネ』6号鉢→8号鉢
  • 『ソンブロイユ』6号鉢→10号鉢
  • 『トレジャートローブ』6号鉢→12号鉢

鉢替えは来週中頃辺りを考えて居たのだが、大きく育って結構根が回り窮屈な様子だったので、待たずに其々新しい鉢へ。誘引してつる仕立てにするものはやや大きめにした。特にトレジャー嬢は抜群に伸びる子らしいので、最初から12号(笑)。正面入り口横に置いて、其処からぐるっと軒沿いにワイヤー誘引したら良いかなぁ、素敵だろなぁ、などと考えて居るところ。


■バラ鉢植え用土の配合

(*数字は容量0.6L程度の深型プラスコップ 1すくい=1として)

以上の資材を数字の割合で配合。用土はその都度作らずに、時間の在るときにまとめて作り置きし、空の土袋に入れて保存して居る。そうして置いておくとカニガラの放線菌が元気に働いてくれて、使う時には土全体に白い菌糸が行き渡って、良い塩梅なのである。健やかなバラは健やかな用土が育むのだ。

<