双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

お年頃

|雑記|


八月も末の頃となって一旦落ち着いたかのよな猛暑であるが、
九月には再び、残暑と名を変えて居座り続けるとのことで、
やれやれ。もう好きになさいよ、と云った感。


そんな中、真夏の疲れなのか何なのか。
原因のよく解らぬ蕁麻疹様の湿疹が掌や手指に出て、
水泡のよな痒みを伴う箇所も在り、煩わしいことこの上ない。
昨年の今頃にも、やはり同じよな症状で皮膚科にかかり、
「汗疱状湿疹」との診断を受けたのだけれど、再びこうして
ほぼ同じ時期に同じ症状であるので、季節柄のものなのか。
昨年はステロイド系軟膏を処方され、気は進まなかったものの、
背に腹は変えられぬと是を湿布。弱めのステロイドではあったが
比較的短期間で湿疹は治まり、以降同様の症状がぶり返すことも無く、
今の今まですっかり忘れて居た。処方の軟膏は慎重に使用したため、
開封のまま使わずに一本残って仕舞ってあったのを幸いと、
ちびちび少量ずつを湿布し、経過と様子を見ながら凌いで居る。
使い終えたら、改めてお医者へかかりに行かねばなるまい。
其処へ加えて、数日前に股関節に違和感を覚えながら、
無理にストレッチしたのがいけなかったのであろう。
何処かの筋を痛めたらしく、暫しお世話にならずに済んで居た
鍼灸院通いも、ここへ来て復活(笑)。全く、弱り目に祟り目である。


私自身に自覚は薄いのだけれど、やはり心身に疲れが蓄積したのか。
億劫からの怠惰が招いた結果か。或いは、その両方かも。
何にせよ、歳を重ねる毎に様々の機能が弱ってきたのだなぁ。
もっとしっかり身を入れて体を整え、養生を心得ねばならぬなぁ。
多少の無茶だとか楽して云々は、もう通用せぬお年頃なのである。

<