双六二等兵

ポッケにさすらい 心に旅を 日々を彷徨う一兵卒の雑記帖

先生のタンポポ

|小僧先生|


この春から幼稚園へ通い出した先生。*1
それ故近頃は、以前と比べるとお会いする
機会も減ってしまったのだが、本日久々に
顔を見せた園児服の先生と、短い散歩へ出た。


「ひょっとすると、君のも同じじゃないかね?」


件の青いワークコートを見て、先生が仰る。


「ええ。まあ、そんなところです。」


道々、真白い綿毛となったタンポポを摘むと、
先生は大袈裟に尖らせた口でもって、是をぷうと吹き、
風に乗って飛んでゆく一群に向かい、手を振って居る。


「いってらっしゃい。いってらっしゃい。」


風はやや強く、見る間に綿毛は遠くへ飛んだ。


「先生に見送られて、旅に出ましたね。」
「旅とな?君、一体旅とは何かね。」
「そうですねぇ。何処か遠くへ行くことでしょうか。」


見慣れた用水路が見えてくると、ここにも又
タンポポが群生して居り、先生は再び摘んだのを
束にしてぷうとやると、こちらを振り返った。


「今のも旅へ出たのだな?」
「ええ。そうですね。」


程無く。雲行きの怪しくなって、帰り道。
先生は道中ずっと、園児服のポッケへ両の手を
仕舞った格好で、自作の鼻歌を口ずさんで居た。

*1:初日より嬉々として通ってらっしゃる様子。

<